「言葉にできない男です」のヒットの秘密

スポンサーリンク

「言葉にできない男です」のヒットの秘密

言葉に出来ない男ですとは。

「言葉に出来ない男ですとは、2014年に発売された川上大輔の日本のポピュラー音楽です。この曲はイワツボコーダイが作詞・作曲したもので、テレビ東京で放送されたドラマ「三匹のおっさん~正義の味方、見参!!」の主題歌として使用されました。」

名曲誕生の軌跡

名曲誕生の軌跡

名曲誕生の軌跡

「言葉にできない男です」は、1977年にリリースされた西城秀樹の楽曲です。この曲は、作詞・作曲を阿久悠と大野克夫が担当し、西城秀樹のシングル「愛の園/言葉にできない男です」に収録されました。

この曲は、発売当初から人気を博し、オリコンチャートで1位を獲得しました。また、この曲は西城秀樹の代表曲のひとつとなり、現在でも多くの人々に親しまれています。

この曲のヒットの要因としては、まず、阿久悠と大野克夫による名曲としてのクオリティの高さが挙げられます。この曲は、切ないメロディーと、恋する男性の心情を描いた歌詞が特徴的な楽曲です。また、西城秀樹の力強い歌声もこの曲の魅力をさらに引き立てています。

また、この曲のヒットには、当時の西城秀樹のスター性も関係していると考えられます。西城秀樹は、1970年代にデビューし、瞬く間にトップアイドルとなりました。この曲は、西城秀樹の絶頂期にリリースされたこともあり、多くのファンに支持されました。

「言葉にできない男です」は、名曲としてのクオリティの高さ、西城秀樹のスター性、そして当時の世相など、様々な要因が重なってヒットした楽曲です。この曲は、現在でも多くの人々に親しまれており、西城秀樹の代表曲のひとつとして語り継がれています。

聴く人の心を揺さぶる歌詞の力

聴く人の心を揺さぶる歌詞の力

ヒット曲「言葉にできない男です」は、その歌詞の力によって聴く人の心を揺さぶっています。この曲は、男性の不器用な心情を繊細に表現しており、多くの人々の共感を呼んでいます。

歌詞には、男性が自分の気持ちを上手く言葉にできないもどかしさや、それでも愛する人に想いを伝えたいという切実な思いが込められています。また、男性の心情を女性目線で描いたパートもあり、男女双方の心情をリアルに描き出しています。

この曲の歌詞は、歌手の徳永英明さんの実体験をもとに書かれています。徳永さんは、この曲を作る前に、自分の気持ちを上手く言葉にできずに苦しんだ経験があるそうです。しかし、この曲を完成させたことで、自分の気持ちを初めて言葉にすることができたといいます。

「言葉にできない男です」は、不器用な男性の心情をリアルに描いた歌詞が共感を呼び、多くの人々に愛されるヒット曲となっています。この曲は、たとえ言葉にできなくても、想いを伝えることは可能であることを教えてくれます。

ドラマとリンクした話題性

ドラマとリンクした話題性

ドラマとリンクした話題性

「言葉にできない男は」のヒットの理由の一つは、ドラマとリンクした話題性にあります。このドラマは、2016年10月から12月までTBS系で放送され、平均視聴率13.6%を記録した人気ドラマです。ドラマの内容は、恋愛に不器用な主人公の男性が、年上の女性と恋に落ちるというラブストーリーです。

ドラマの放送中は、主人公の男性の言動が話題になり、SNS上で「#言葉にできない男」というハッシュタグが流行しました。また、ドラマの主題歌である「恋をする勇気」もヒットし、オリコンチャートでは最高位1位を獲得しました。

ドラマの放送終了後も、このドラマの話題性は続き、「言葉にできない男」という言葉は、恋愛に関する流行語として定着しました。このため、このドラマをきっかけにして、「言葉にできない男」という言葉をタイトルに入れた映画やドラマが数多く制作され、ヒットしました。

「言葉にできない男」のヒットは、ドラマとリンクした話題性が大きな要因となりました。ドラマの内容や主題歌が話題になり、それが映画やドラマのヒットにつながったのです。

タイトルとURLをコピーしました