「おとうさん」の秘密と魅力

スポンサーリンク

「おとうさん」の秘密と魅力

おとうさんとは。

「おとうさん」は、2002年10月から12月にかけてTBS系列で放送された日本のテレビドラマです。全11回の脚本は遊川和彦が担当し、田村正和、中谷美紀、飯島直子、広末涼子が出演しました。ホームドラマとして描かれ、家族の絆や愛をテーマにしています。

「おとうさん」のストーリーとキャスト

「おとうさん」のストーリーとキャスト

「おとうさん」のストーリーとキャスト

「おとうさん」は、2013年に放送された日本のテレビドラマです。主演は唐沢寿明で、唐沢は本作で父親役を演じました。

「おとうさん」のストーリーは、主人公の結城健吾(唐沢寿明)が、妻と3人の子供を持つ普通のサラリーマンだが、ある日突然、余命宣告を受けてしまうところから始まります。健吾は、余命宣告を受けた後、残された時間を家族と過ごすことを決意し、妻と子供たちに今まで言えなかった想いを伝えていきます。

「おとうさん」のキャストは、唐沢寿明の他、仲間由紀恵、財前直美、谷花音、望月歩、横山裕などが出演しています。

「おとうさん」は、家族の絆や愛を描いた感動作です。唐沢寿明の熱演も見どころで、本作は多くの視聴者の涙を誘いました。

「おとうさん」の見どころと感想

「おとうさん」の見どころと感想

「おとうさん」の見どころと感想

このドラマの見どころは、何と言っても主人公である「おとうさん」こと田中一平のキャラクターです。一平は、一見するとどこにでもいる平凡なサラリーマンですが、実は心優しく、家族思いの父親です。しかし、その一方で、どこか抜けていて、おっちょこちょいな一面も持っています。そんな一平が、様々な問題に直面しながらも、家族と協力してそれを乗り越えていく姿は、とても感動的です。

また、このドラマでは、一平の家族も重要な役割を果たしています。妻の幸子、子供たちである健太、花、そして一平の両親である太郎と花子。この家族のやり取りは、とても温かく、見ているだけで心がほっこりします。特に、一平と健太の親子関係は、とても微笑ましいです。健太は、一平のことが大好きで、いつも一平にべったりです。一平もまた、健太のことをとても可愛がっており、健太のためにいつも一生懸命です。

このドラマは、家族の絆や愛情をテーマにした、とても素敵なドラマです。家族の大切さを再認識させてくれる、素晴らしい作品です。

「おとうさん」のDVDとBlu-ray情報

「おとうさん」のDVDとBlu-ray情報

-「おとうさん」のDVDとBlu-ray情報-

「おとうさん」のDVDとBlu-rayは、2023年3月8日に発売されました。DVDは3,980円(税込)、Blu-rayは4,950円(税込)です。特典映像として、メイキング・オブ「おとうさん」、キャストインタビュー、劇場予告編が収録されています。

DVDとBlu-rayの両方で、本編は5.1chサラウンド音声で収録されています。字幕は日本語、英語、中国語(簡体字)、韓国語の4カ国語に対応しています。

「おとうさん」は、2023年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞の5部門を受賞した感動作です。ぜひ、DVDまたはBlu-rayでご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました