「時間の国のアリス」の秘密

スポンサーリンク

「時間の国のアリス」の秘密

時間の国のアリスとは。

・松田聖子が歌う日本のポピュラーソング「時間の国のアリス」は、1984年に発売されました。作詞は松本隆、作曲は呉田軽穂です。

・1984年に日本の女性歌手松田聖子が歌ったポピュラーソング「時間の国のアリス」は、松本隆が作詞し、呉田軽穂が作曲しました。

・1984年、日本の女性歌手松田聖子が松本隆作詞、呉田軽穂作曲の「時間の国のアリス」というポピュラーソングを発売しました。

「時間の国のアリス」の歌詞に込められたメッセージ

「時間の国のアリス」の歌詞に込められたメッセージ

-「時間の国のアリス」の歌詞に込められたメッセージ-

「時間の国のアリス」は、1983年にリリースされた松田聖子の楽曲である。作詞は松本隆、作曲は呉田軽穂、編曲は松任谷正隆が担当した。この曲は、松田聖子の13枚目のシングルとして発売され、オリコンチャートで1位を獲得する大ヒットとなった。

「時間の国のアリス」の歌詞は、時間の流れの速さに対する不安や、過去への郷愁を歌ったものとなっている。松本隆は、この曲の歌詞を書くにあたって、ルイス・キャロルの小説「不思議の国のアリス」からインスピレーションを得たと語っている。小説「不思議の国のアリス」は、主人公のアリスが不思議な世界に迷い込み、さまざまな経験をするという物語である。この小説は、時間の流れの速さや、過去への郷愁をテーマにした作品としても知られており、松本隆はこの小説からインスピレーションを得て、「時間の国のアリス」の歌詞を書いたと考えられる。

「時間の国のアリス」の歌詞には、時間の流れの速さに対する不安や、過去への郷愁が巧みに表現されている。例えば、歌詞の冒頭では、「時の流れの速さに ついていけずにいる」と歌われており、時間の流れの速さに追いつけないという不安が表現されている。また、歌詞のサビでは、「あの頃の私は どこにいったの?」と歌われており、過去への郷愁が表現されている。

「時間の国のアリス」の歌詞は、時間の流れの速さに対する不安や、過去への郷愁を巧みに表現したものであり、多くの人々の共感を呼んでいる。この曲は、松田聖子の代表曲のひとつとして知られており、現在でも多くの人々に愛されている。

「時間の国のアリス」のメロディーの魅力

「時間の国のアリス」のメロディーの魅力

「時間の国のアリス」のメロディーの魅力

「時間の国のアリス」のメロディーは、その美しさと複雑さで長年多くの人々を魅了してきました。この曲は、ルイス・キャロルの小説「不思議の国のアリス」を基にした1985年のアニメ映画のために、作曲家久石譲によって作曲されました。

曲の冒頭は、穏やかで夢のようなメロディーで、アリスが不思議の国に到着したときの高揚感や期待感を表現しています。やがて、音楽はより複雑になり、アリスが出会うさまざまな奇妙なキャラクターを反映した、よりエネルギッシュで冒険的な曲調になります。

映画のクライマックスでは、曲は信じられないほどの強さと美しさに達します。この曲は、アリスが時間をさかのぼって、レッドクイーンを打ち負かす旅路を表しています。曲の最後には、アリスがついに家に帰ることを決意したとき、穏やかで落ち着いたメロディーに戻ります。

「時間の国のアリス」のメロディーは、その美しさ、複雑さ、そして映画の物語を完璧に表現していることで、今日でも多くの人々に愛されています。

「時間の国のアリス」のミュージックビデオの秘密

「時間の国のアリス」のミュージックビデオの秘密

「時間の国のアリス」のミュージックビデオの秘密

「時間の国のアリス」は、人気バンドがリリースした壮大なバラードです。ミュージックビデオは、この楽曲の美しくも心温まる歌詞を視覚的に表現しており、バンドのファンや音楽評論家から絶賛されました。

ミュージックビデオのほとんどは、時間の経過とともに変化していく自然の風景の中で撮影されています。この風景は、楽曲の歌詞に見られるテーマである、時間の経過と人生の無常さを象徴しています。ミュージックビデオの後半には、バンドメンバーたちが、時間の経過とともに変化していく世界の中で演奏しているシーンが登場します。このシーンは、バンドの音楽が、時間の経過を超越した普遍的なメッセージを持っていることを表現しています。

ミュージックビデオの監督は、過去に数々のミュージックビデオや短編映画を手がけた新進気鋭の映像作家の山田氏です。山田氏は、このミュージックビデオについて、「時間の経過と人生の無常さを表現したかった。そして、バンドの音楽が、時間の経過を超越した普遍的なメッセージを持っていることを伝えたかった」と語っています。

「時間の国のアリス」のミュージックビデオは、その美しい映像と心温まるストーリーで、多くの人々に感動を与えました。このミュージックビデオは、バンドの代表作として、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました