「スパイ・レジェンド」の秘密

スポンサーリンク

「スパイ・レジェンド」の秘密

スパイ・レジェンドとは。

スパイ・レジェンドは、2014年に公開されたアメリカ映画です。元CIAエージェントのピーター・デヴェロー(ピアース・ブロスナン)は、国際的陰謀に巻き込まれ、それを阻止するために奮闘する姿を描いたスパイアクションです。監督はロジャー・ドナルドソン、共演はルーク・ブレイシー、オルガ・キュリレンコなどです。

国際的陰謀に立ち向かう元CIAエージェント

国際的陰謀に立ち向かう元CIAエージェント

「スパイ・レジェンド」とは、国際舞台で活躍する最も有名な諜報員たちを指す。彼らは、世界の裏側で秘密裏に任務を遂行し、時には生死をかけた過酷な状況に直面する。そんなスパイ・レジェンドの1人として、元CIAエージェントのマーク・フェルトの名前が挙げられる。

マーク・フェルトは、1913年にアイダホ州ツインフォールズに生まれた。父親はアイダホ州の州知事を務めた政治家であり、母親は教師であった。フェルトは、アイダホ大学の政治学部を卒業後、1942年にFBIに入局した。FBIでは、主に反逆罪に関する捜査を担当し、その後のキャリアに大きく影響を与えることとなる。

1972年、フェルトはCIAに転属となり、国家安全保障担当の副長官に就任した。この頃、ウォーターゲート事件が発生し、ニクソン大統領の関与が疑われていた。フェルトは、ウォーターゲート事件の捜査を担当するFBIの捜査官たちと協力し、ニクソン大統領の証拠を収集した。そして、1974年8月、フェルトは「ディープ・スロート」という匿名の情報源として、ワシントン・ポスト紙にウォーターゲート事件の情報をリークした。この情報リークにより、ウォーターゲート事件は明るみに出て、ニクソン大統領は辞任を余儀なくされた。

ウォーターゲート事件後、フェルトはCIAを退職したが、その後もスパイ活動に携わり続けた。1980年代には、中央アメリカのゲリラ組織に武器や資金を提供する秘密作戦に関与したとされる。また、1990年代には、湾岸戦争の際にサダム・フセイン政権を打倒するための作戦に参加したとされる。

マーク・フェルトは、2008年に89歳で亡くなったが、その功績は今も語り継がれている。彼は、ウォーターゲート事件を暴き、ニクソン大統領の辞任に追い込んだスパイ・レジェンドとして、アメリカの歴史に名を刻んだ。

ピアース・ブロスナン、ルーク・ブレイシー、オルガ・キュリレンコが出演

ピアース・ブロスナン、ルーク・ブレイシー、オルガ・キュリレンコが出演

ピアース・ブロスナン、ルーク・ブレイシー、オルガ・キュリレンコが出演

スパイ・レジェンドは、ピアース・ブロスナン、ルーク・ブレイシー、オルガ・キュリレンコが出演する、2023年公開のスパイアクション映画である。ブライアン・キル・ミードが監督し、ジェームズ・カーチが脚本を担当した。この映画は、引退した伝説的なスパイで、冷戦時代の任務中の殺人に関与し、そのことが現代に再浮上して命を狙われることを余儀なくされる主人公の物語である。

ブロスナンは引退したスパイのマーティン・ベイスデンを演じ、ブレイシーはベイスデンの息子で元MI6エージェントのナサニエル・ベイスデンを演じ、キュリレンコはベイスデンの元KGBエージェントで元恋人であるエレーナ・ワシコワを演じている。この映画には、ビル・ナイ、アラン・フォード、テッサ・スウィーストンなど他の俳優も出演している。

スパイ・レジェンドは2021年10月にロンドンで撮影を開始し、2022年2月に完了した。この映画は、2023年1月にサンダンス映画祭で初公開され、同年3月に米国で劇場公開された。この映画は批評家から概ね好意的な評価を得ており、ブロスナン、ブレイシー、キュリレンコの演技、キル・ミード監督の演出、カーチの脚本が高く評価されている。

ロジャー・ドナルドソン監督によるスパイアクション映画

ロジャー・ドナルドソン監督によるスパイアクション映画

ロジャー・ドナルドソン監督によるスパイアクション映画『スパイ・レジェンド』は、2017年に公開された作品である。アメリカ政府の秘密諜報機関CIAに30年以上勤務した伝説のスパイ、ロバートは、長年の功績が評価され、念願の引退を果たす。しかし、引退生活も束の間、ロバートはかつての同僚のサムから、国際テロ組織アルカイダの幹部がフランスに潜伏しているという任務を依頼される。ロバートは、この任務を最後に完全に引退することを決意し、フランスへ向かう。

ロバートは、フランスに到着後、アルカイダの幹部を追跡し始める。しかし、その過程で、ロバートは自身の過去と対峙することになる。ロバートは、CIAに所属していた頃、アルカイダのメンバーと思われる人物を殺害したことがあった。その人物は、ロバートの家族を殺害したテロ組織のメンバーだったため、ロバートは復讐を果たしたつもりでいた。しかし、ロバートは、殺害した人物が実際にはアルカイダのメンバーではなく、無実の人間だったことを知る。ロバートは、この事実を知り、強い罪悪感に苛まれる。

ロバートは、アルカイダの幹部を捕らえることに成功する。しかし、ロバートは、その過程で致命傷を負ってしまう。ロバートは、サムに看取られながら息を引き取る。ロバートの死を悼むサムは、ロバートの遺志を継ぎ、テロとの戦いを続けることを誓う。

タイトルとURLをコピーしました