「眠れる森の美女」の全貌

スポンサーリンク

「眠れる森の美女」の全貌

眠れる森の美女とは。

眠れる森の美女は、ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーが作曲したバレエ音楽です。1890年に初演され、『白鳥の湖』、『くるみ割り人形』とともにチャイコフスキーの三大バレエと呼ばれています。フランス出身の舞踊家・振付家マリウス・プティパによる全3幕のバレエもあります。1890年にサンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場で初演されました。音楽はチャイコフスキーのバレエ音楽が使用されています。ほかに、コンスタンチン・セルゲーエフによる振付の版も知られています。

「眠れる森の美女」のあらすじ

「眠れる森の美女」のあらすじ

「眠れる森の美女」のあらすじ

昔々、あるところにオーロラ姫という美しい姫が住んでいました。オーロラ姫は、妖精たちによって祝福され、世界一美しい姫として知られていました。しかし、オーロラ姫は16歳の誕生日に、悪い魔女マレフィセントによって眠らされてしまいます。

マレフィセントは、オーロラ姫の誕生日に招待されなかったことに怒り、オーロラ姫に呪いをかけました。マレフィセントは、オーロラ姫が16歳の誕生日に糸車で指を刺し、眠り続けてしまうという呪いをかけました。

妖精たちはマレフィセントの呪いを解こうとしましたが、マレフィセントの呪いはあまりにも強力でした。妖精たちは、オーロラ姫を城の奥深くにある塔に隠し、100年間眠らせておくことにしました。

100年後、フィリップ王子がオーロラ姫に会いました。フィリップ王子は、オーロラ姫の美しさに一目惚れし、オーロラ姫を目覚めさせようとしました。フィリップ王子は、オーロラ姫にキスをすると、オーロラ姫は眠りから目覚めました。

オーロラ姫とフィリップ王子は結婚し、幸せに暮らしました。

「眠れる森の美女」の音楽

「眠れる森の美女」の音楽

「眠れる森の美女」の音楽は、チャイコフスキーが作曲し、1890年1月15日にマリインスキー劇場で初演されたバレエ音楽である。全3幕、4場からなり、上演時間は約2時間30分である。

ストーリーは、魔女カラボスによって16歳の誕生日に呪いをかけられた王女オーロラが、100年間眠りに落ちてしまうというもの。オーロラ姫は王子フィリップのキスによって目覚め、二人は結婚する。

音楽は、チャイコフスキーが得意とする華麗で美しいメロディーが満載である。特に、オーロラ姫の登場場面で流れる「ワルツ」や、王子フィリップとオーロラ姫が踊る「グラン・パ・ド・ドゥ」の音楽は、バレエ音楽の傑作として知られている。

「眠れる森の美女」は、チャイコフスキーの傑作バレエのひとつであり、現在でも世界中で上演されている。その美しい音楽は、多くの人々に愛されている。

タイトルとURLをコピーしました