スノー・タイガー:デズモンド・バグリーのミステリー

スポンサーリンク

スノー・タイガー:デズモンド・バグリーのミステリー

スノー・タイガーとは。

「スノー・タイガー」は、英国の作家デズモンド・バグリーが1975年に発表したミステリー小説です。原題は「The Snow Tiger」です。

作品の概要

作品の概要

「スノー・タイガーデズモンド・バグリーのミステリー」は、アクション、ロマンス、サスペンスが融合したスリリングな冒険小説です。1977年に出版されたこの小説は、1960年代のチベットを舞台に、雪山に隠された古代の秘密をめぐる壮大な冒険物語を展開します。

物語の中心人物は、チベットに派遣された英国諜報員であるジム・ランカスターです。ランカスターは、中国共産党がチベットに侵攻するのを防ぐため、チベット仏教の聖地「ポタラ宮」に隠された古文書の回収を任務としています。しかし、ランカスターは任務遂行中に遭難し、雪山に閉じ込められてしまいます。

ランカスターは、雪山で偶然出会ったチベット人の女性、ツェリンによって救助されます。ツェリンは、ランカスターにチベット仏教の教えや、ポタラ宮に隠された古文書の秘密を教えます。ランカスターとツェリンは、中国共産党の追っ手から逃れながら、古文書の回収に向けて旅を続けます。

本作は、チベットの美しい風景や、チベット仏教の神秘的な教えを背景に、息を呑むようなアクションと、切ないロマンスが展開されます。また、チベットの政治情勢や、中国共産党のチベット侵攻の歴史的背景も織り込まれており、単なる冒険小説にとどまらない奥深さを持っています。

物語のあらすじ

物語のあらすじ

物語のあらすじ

スノー・タイガーは、1975年にデズモンド・バグリーによって書かれたサスペンス小説です。この小説は、ソビエト連邦の放射性鉱物がアメリカ合衆国に密輸されるのを阻止しようとするCIAのエージェントであるピーター・マークスを主人公としています。

マークスは、ソビエト連邦の科学者であるマルコフ教授が、放射性核物質であるストロンチウム90をアメリカ合衆国に密輸しようとしていることを知ります。マークスは、この密輸を阻止するために、マルコフ教授を追跡してストロンチウム90の所在を突き止めようとします。

マークスは、マルコフ教授を追跡する過程で、ソビエト連邦の暗殺者であるイワン・ドラゴと対決します。ドラゴは、マークスを殺して、ストロンチウム90の密輸を成功させようとします。マークスは、ドラゴを倒し、ストロンチウム90の所在を突き止めて、密輸を阻止することに成功します。

登場人物紹介

登場人物紹介

登場人物紹介

スノー・タイガーは、デズモンド・バグリーが1975年に発表した冒険小説です。この作品には、様々な個性的なキャラクターが登場します。

主な登場人物の一人は、主人公のポール・カンタロウです。彼は、イギリスの諜報機関MI6に所属するエージェントです。カンタロウは、腕利きのスパイであり、数々の危険な任務をこなしてきました。しかし、彼はまた、人間味のある人物でもあります。

もう一人の主要な登場人物は、エドナ・スノーです。彼女は、アメリカ人のジャーナリストであり、共産主義に強い関心を抱いています。スノーは、中国の共産党指導者、毛沢東にインタビューしたことで有名です。彼女は、聡明で勇敢な女性であり、カンタロウとは強い信頼関係で結ばれています。

その他にも、スノー・タイガーには多くの魅力的なキャラクターが登場します。例えば、ロシア人スパイのイワン・グラズノフ、中国人民解放軍の将軍である姜超、チベットの僧侶であるロサン・テンジンなどです。これらのキャラクターは、それぞれが独自の物語を持っており、作品に奥行きを与えています。

タイトルとURLをコピーしました