ストージス「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」

スポンサーリンク

ストージス「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」

アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグとは。

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」は、アメリカのデトロイト出身のハードロックバンド、ストージスの楽曲です。1969年にリリースされたデビューアルバム「ストージス」に収録されており、雑誌「ローリング・ストーン」が選定した「最も偉大な500曲」の445位にランクインしています。英語の原題は《IWannaBeYourDog》。

ストージスについて

ストージスについて

ストージスについて

ストージスは1960年代前半に結成されたアメリカのプロトパンク・ガレージロックバンドである。バンドは、ボーカルとハーモニカのイギー・ポップ、ギターのロン・アシュトン、ベースのアヴェリー・マンデル、ドラムのスコット・アシュトンで構成されていた。ストージスは、その激しいライブパフォーマンスと、イギー・ポップの攻撃的なステージアクションで知られており、パンク・ロックの黎明期に大きな影響を与えた。

ストージスは、1967年にデトロイトで結成された。イギー・ポップは、バンドのマネージャーであるデイヴ・アレクシスによってスカウトされ、バンドに加入した。ストージスは、1969年にエレクトラ・レコードと契約し、デビューアルバム「ストージス」をリリースした。アルバムは、商業的には失敗したが、批評家から絶賛された。ストージスは、その後もアルバムをリリースしたが、商業的には成功しなかった。バンドは、1974年に解散した。

ストージスは、パンク・ロックの黎明期に大きな影響を与えたバンドである。バンドの激しいライブパフォーマンスと、イギー・ポップの攻撃的なステージアクションは、多くのパンク・バンドに影響を与えた。ストージスは、パンク・ロックの歴史の中で最も重要なバンドの一つであると考えられている。

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」が生まれた背景

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」が生まれた背景

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」が生まれた背景

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」は、1969年にリリースされたストゥージズのデビューアルバム『イギー・ポップ・アンド・ザ・ストゥージズ』に収録されている楽曲で、バンドの代表曲の一つである。この曲は、不穏なギターリフで始まり、イギー・ポップの荒々しいボーカルと、猛烈なドラムとベースの演奏が特徴的なハードロックナンバーである。

この曲は、ストゥージズ結成初期の1968年に書かれた。当時、バンドはデトロイトのとある地下室で練習しており、イギー・ポップは、この曲の歌詞を練習中に思いついたという。歌詞の内容は、社会への反発や、権威への挑戦を歌ったもので、ストゥージズの音楽性や姿勢を象徴している。

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」は、リリース当初こそ注目を集めなかったが、その後、パンクロックの黎明期に再評価され、パンクのアンセムとして広く知られるようになった。また、この曲は、多くのミュージシャンにカバーされており、その影響力は計り知れない。

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」の歴史

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」の歴史

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」の歴史

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」は、ストージスの2枚目のスタジオアルバム『ファニー・シング・ハプン・オン・ザ・ウェイ・トゥ・ザ・フォーラム』に収録されている楽曲である。1966年にシングルとしてリリースされ、ビルボードホット100で16位を記録した。

この曲は、イギー・ポップとジェームズ・ニューウェルの共作で、イギー・ポップがリードボーカル、ジェームズ・ニューウェルとロン・アシュトンがギター、デイヴ・アレクサンダーがベース、スコット・アシュトンがドラムを担当している。

この曲は、ストージスの最も有名な曲のひとつであり、ライブでもよく演奏された。1973年にストージスが解散した後は、イギー・ポップがソロとしてこの曲を演奏し続けている。

「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ドッグ」は、そのシンプルながらキャッチーなメロディーと、イギー・ポップの強烈なボーカルで人気を博した。この曲は、パンクロックのアンセムとして知られており、多くのバンドがカバーしている。

タイトルとURLをコピーしました