デイヴィー荒野の旅のストーリーとその背景

スポンサーリンク

デイヴィー荒野の旅のストーリーとその背景

デイヴィー荒野の旅とは。

「デイヴィー荒野の旅」とは、アメリカ合衆国の作家であるエドガー・パングボーンによって1964年に発表されたSF小説です。原題は「デイヴィー」です。

デイヴィー荒野の旅のストーリー

デイヴィー荒野の旅のストーリー

デイヴィー荒野の旅のストーリー

デイヴィー荒野の旅のストーリーは、19世紀初頭のアメリカ西部を舞台にした冒険物語である。主人公は12歳の少年デイヴィー・クロケットであり、彼は家族とともにテネシー州からケンタッキー州に移住する途中、森の中で迷子になってしまう。デイヴィーは森の中で数日間さまよった後、クマに襲われてしまうが、辛くも逃げ出し、ついに人里に戻ることができる。デイヴィーの冒険は、アメリカ西部開拓時代の厳しい自然環境と、そこに住む人々のたくましさを描いた物語である。

デイヴィー荒野の旅のストーリーは、アメリカで最初に出版された児童向け小説の一つであり、アメリカの古典として現在でも多くの人々に愛されている。この物語は、デイヴィーの勇気と知恵、そして家族や友人への愛を描いた感動的な物語である。また、アメリカの西部開拓時代の歴史や文化を知る上で貴重な資料でもある。

デイヴィー荒野の旅の背景

デイヴィー荒野の旅の背景

デイヴィー荒野の旅の背景

デイヴィー荒野の旅は、1935年にアメリカの作家、ジョン・スタインベックによって書かれた小説です。この小説は、1930年代の大恐慌の最中に、オクラホマ州からカリフォルニア州への旅に出たジョード一家を描いています。小説は、アメリカ文学の古典とされており、20世紀の最高の小説の1つとされています。

小説の背景となったのは、1930年代のアメリカの大恐慌です。大恐慌は、1929年のウォール街の株価暴落に端を発し、アメリカ全土に広がった経済危機です。大恐慌は、多くのアメリカ人に失業、貧困、ホームレスをもたらしました。ジョード一家も、大恐慌の被害者であり、家や土地を失い、カリフォルニア州への旅に出ることを余儀なくされます。

小説は、ジョード一家の旅を通して、大恐慌の時代のアメリカ社会を描いています。小説には、貧困、失業、差別など、大恐慌の時代の特徴が描かれています。小説はまた、アメリカ人の強靭さや団結力も描いています。ジョード一家は、旅の途中で多くの困難に遭いますが、家族の絆を深め、最終的には新しい生活の地を見つけます。

デイヴィー荒野の旅は、大恐慌の時代のアメリカ社会を描いた小説です。小説は、貧困、失業、差別など、大恐慌の時代の特徴をリアルに描いています。小説はまた、アメリカ人の強靭さや団結力も描いています。ジョード一家は、旅の途中で多くの困難に遭いますが、家族の絆を深め、最終的には新しい生活の地を見つけます。

デイヴィー荒野の旅の主人公

デイヴィー荒野の旅の主人公

-デイヴィー荒野の旅の主人公-

デイヴィー荒野の旅の主人公は、孤児となった少年デイヴィー・クロケットです。彼は、テネシー州の開拓地で、狩猟と釣りをして生活するたくましい少年です。デイヴィーは、ある日、森の中で迷子になり、長い間、森の中をさまよいます。その間、彼は、熊や狼などの危険な動物と出会い、また、美しい自然にも触れます。デイヴィーは、最終的に、森から抜け出し、家に戻ります。この経験を通して、デイヴィーは、たくましさ、勇気、そして忍耐力を身につけていきます。

デイヴィーは、その冒険的な人生から、多くのことを学びます。彼は、自然の美しさに感動し、また、動物たちとの触れ合いを通して、生命の大切さを学びます。また、デイヴィーは、森の中で迷子になったとき、自分の力だけで生き延びなければならないことを経験し、たくましさや勇気、そして忍耐力を身につけていきます。デイヴィーは、これらの経験を通して、立派な大人へと成長していきます。

デイヴィー荒野の旅は、たくましく、勇敢で、そして忍耐強い少年デイヴィーの物語です。この物語は、読者に、自然の美しさや生命の大切さを教え、また、たくましく生きるためのヒントを与えてくれます。

タイトルとURLをコピーしました