帰ってきた時効警察

スポンサーリンク

帰ってきた時効警察

帰ってきた時効警察とは。

「帰ってきた時効警察」は、2007年4月から6月までテレビ朝日系列で放送された日本のテレビドラマです。全9回。脚本は三木聡、園子温ほか、出演はオダギリジョー、麻生久美子ほか。2006年に同局で放送されたドラマ「時効警察」の続編に当たります。

魅力的なキャラクター

魅力的なキャラクター

時効警察は、2020年に13年ぶりに復活した人気ドラマシリーズです。これまで2度シリーズ化されており、今回が3度目となります。

復活版の時効警察の魅力の一つは、個性的なキャラクターたちです。主人公である霧山修一朗は、一見すると冴えない刑事ですが、過去の事件を時効警察として捜査するうちに、その真の実力を発揮していきます。

また、霧山とともに時効警察を捜査する三日月しずかや、鑑識官の風祭大輔も、それぞれに個性的なキャラクターとして描かれています。三日月は、霧山とは対照的に勝気で行動力のある性格で、鑑識官の風祭は、おっとりとした性格ですが、実はかなりの博識です。

この3人が織りなす掛け合いも見どころの一つです。時効警察は、コミカルな要素も取り入れたドラマなので、クスッと笑えるシーンもたくさんあります。

時効警察は、個性的なキャラクターとコミカルな要素を備えた、魅力的なドラマシリーズです。

奇想天外なストーリー展開

奇想天外なストーリー展開

「帰ってきた時効警察」のストーリー展開は、奇想天外なもので、視聴者を飽きさせません。第1話では、15年前に起こった殺人事件の犯人が、15年ぶりに帰ってきました。しかも、その犯人は、警察官だったのです。警察官が犯人だったとは、誰もが驚きを隠せませんでした。そして、時効警察のメンバーたちは、その犯人を逮捕するために、奔走します。

第2話では、10年前に起こった誘拐事件の犯人が、10年ぶりに帰ってきました。しかも、その犯人は、誘拐された被害者だったのです。被害者が犯人だったとは、誰もが驚きました。そして、時効警察のメンバーたちは、その犯人を逮捕するために、奔走します。

第3話では、5年前に起こった強盗事件の犯人が、5年ぶりに帰ってきました。しかも、その犯人は、強盗団のリーダーだったのです。強盗団のリーダーが犯人だったとは、誰もが驚きました。そして、時効警察のメンバーたちは、その犯人を逮捕するために、奔走します。

このように、「帰ってきた時効警察」のストーリー展開は、奇想天外なもので、視聴者を飽きさせません。毎回、新しい事件が起こり、その事件の犯人は、誰もが想像もしていなかった人物だったりします。そして、時効警察のメンバーたちは、その犯人を逮捕するために、奔走します。そんな「帰ってきた時効警察」は、見応えのあるドラマです。

社会問題への鋭い洞察

社会問題への鋭い洞察

「帰ってきた時効警察」は、2019年にテレビ朝日系列で放送された日本のテレビドラマである。このドラマは、時効になった事件を捜査する架空の警察署「時効管理課」を舞台に、個性的な刑事たちが未解決事件の真相に迫るというストーリーである。

このドラマは、その斬新な設定と、社会問題への鋭い洞察で話題を集めた。例えば、あるエピソードでは、ストーカー被害に遭う女性が描かれ、社会問題としてのストーカー問題を提起した。また、あるエピソードでは、貧困問題に苦しむ家族が描かれ、社会問題としての貧困問題を提起した。

このように、「帰ってきた時効警察」は、単なる刑事ドラマにとどまらず、社会問題への鋭い洞察も備えた作品となっている。そのため、視聴者から高い評価を受け、続編を望む声も挙がっている。

タイトルとURLをコピーしました