「チア☆ダン」の真実とは?

スポンサーリンク

「チア☆ダン」の真実とは?

チア☆ダン 「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の真実とは。

「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」は、円山夢久のノンフィクション作品です。2009年の全米チアダンス選手権大会で優勝した福井県の高校チアリーダー部の女性顧問にスポットを当て、その実話を描いています。2017年に刊行され、同年公開の映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の原作となりました。また、同じ年に映画をノベライズした「小説チア☆ダン/女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」も刊行されています。

福井県の高校チアリーダー部の女性顧問に焦点をあてたノンフィクション

福井県の高校チアリーダー部の女性顧問に焦点をあてたノンフィクション

「チア☆ダン」の真実とは?

福井県の高校チアリーダー部の女性顧問に焦点をあてたノンフィクション

福井県のとある高校で、チアリーダー部の顧問を務める女性がいた。彼女は、かつてはプロのチアリーダーとして活躍していたが、怪我を機に引退し、指導者としての道を歩み始めた。

彼女は、チアリーダー部を全国大会出場に導くという目標を掲げて、日々厳しい練習を課していた。しかし、部員の中には、彼女の方針に反発する者も少なくなかった。

ある日、部員の一人が練習中に怪我をしてしまった。彼女は、その部員を責めることなく、怪我をした原因を分析し、練習内容を改善することにした。

そして、 全国大会出場という目標を達成した。

彼女は、チアリーダー部の顧問としてだけでなく、その生徒たちの人生にも大きな影響を与えた。彼女が教えてくれたのは、チアリーダーとしての技術だけでなく、人生を乗り越えていくための強さと優しさだった。

映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の原作

映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の原作

映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の原作は2017年に出版された「チア☆ダン―JETSな高校生チアダンス部の挑戦― 」(著早見和真)です。この本は、福井県立福井商業高等学校チアリーディング部JETS(ジェッツ)が、2015年にアメリカのチアダンス大会で優勝した実話を基にしています。

著者である早見和真は、JETSの顧問を務めていた教諭で、この本ではJETSの部長であった石川麻衣を始めとする部員たちの努力や、チアダンスにかける思いが描かれており、映画版では広瀬すず主演で2017年に公開されました。映画は大ヒットし、チアダンスブームを巻き起こしました。

しかし、映画公開後、原作の内容に虚偽や誇張があるとして、JETSのOBやOGから抗議の声が上がったのです。例えば、映画ではJETSが全米チアダンス大会で優勝していますが、実際には準優勝でした。また、映画ではJETSの顧問が女性として描かれていますが、実際は男性でした。

これらの虚偽や誇張は、映画の興行収入を上げるために行われたとされ、JETSのOBやOGたちは映画の制作陣に対して抗議を行いました。その結果、映画の制作陣は謝罪し、映画の内容を修正しました。

修正された映画は2018年に公開され、JETSのOBやOGたちからも一定の評価を得ました。しかし、映画の内容が虚偽や誇張に満ちていることは、チアダンス業界やJETSのOBやOGたちに大きな衝撃を与えました。

2017年に映画をノベライズした「小説チア☆ダン/女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」も刊行

2017年に映画をノベライズした「小説チア☆ダン/女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」も刊行

2017年に公開された映画「チア☆ダン」は、福井県立福井商業高等学校チアリーディング部の実話を基に、チアダンスに情熱を注ぐ女子高生たちの姿を描いた感動作です。この映画は、公開後瞬く間に話題となり、興行収入30億円を突破する大ヒットを記録しました。

映画の大ヒットを受け、2017年には「小説チア☆ダン/女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」が刊行されました。この小説は、映画の原作となった実話を基に、映画では描かれていないエピソードも交えて描かれた感動の物語です。

小説は、チアダンス部の顧問である白井美咲が、福井商業高等学校に赴任するところから始まります。白井は、チアダンス部の顧問に就任したものの、部員はわずか4人しかいませんでした。しかし、白井は諦めずに部員たちを指導し、次第にチアダンス部の規模は大きくなっていきます。

そして、ついにチアダンス部は見事に全米制覇を果たすのです。この小説は、白井とチアダンス部のメンバーたちの努力と友情を描いた感動作で、映画同様多くの人々に感動を与えました。

タイトルとURLをコピーしました