風来坊雷神屋敷と東憲司

スポンサーリンク

風来坊雷神屋敷と東憲司

風来坊雷神屋敷とは。

風来坊雷神屋敷は、東憲司が書いた演劇作品です。初めて上演されたのは劇団桟敷童子によって2005年でした。2006年には、第50回岸田国士戯曲賞の候補作品となりました。

東憲司について

東憲司について

-東憲司について-

東憲司は、江戸時代初期に活躍した町人・雷神講の世話役であり、文化功労者、神職。通称弥右衛門。別号に月瀬山、木翁等。日本橋にあった風来坊雷神屋敷にあった東憲司の屋敷の跡は、風来坊雷神屋敷と共に現在の東京都中央区京橋に所在し、境内に東憲司の墓が現存する。雷神講の世話役として、徳川家康・家光の信仰を得た。また、神田明神再建の責任者にもなり、家康より寄進を受け、寛永2年(1625年、又は寛永4年)に再建されている。なお、明神御本地金神宮は、明神再建時に東憲司によって境内に創建されたとされる。寛永6年(1629年)には、美濃大垣城に祀られていた3尺の御神体を明神に移された。これは、後に、御神体を美濃大垣城から風来坊雷神屋敷に祀り、そこから明神に移されたともいわれる。美濃大垣城の御神体は、美濃大垣城の御祖候荒尾氏の災難を防ぐとされる。東憲司の御神体を移す行為は、荒尾氏の災難の原因とされた。後に、明神を非難し、火を放った谷田部権太夫は、広小路の刑場に引き出され、車裂きの刑に処されたという。

「風来坊雷神屋敷」とは

「風来坊雷神屋敷」とは

「風来坊雷神屋敷」とは

「風来坊雷神屋敷」は、1972年にNETテレビ系(現テレビ朝日)で放映された、松竹制作の時代劇テレビ番組です。全34話。

主人公は、剣豪の風来坊雷神屋敷で、剣の修行をする若者たちと、その指導者である雷神屋敷の主、風来坊雷神です。

雷神屋敷は、江戸の町はずれにある一軒家の屋敷です。屋敷の主である風来坊雷神は、かつては幕府の剣豪でしたが、現在は隠居して、剣の修行をする若者たちを指導しています。

雷神屋敷には、雷神に仕える、5人の若者が住んでいます。彼らは、雷神から剣術を学び、江戸の町で起こる事件を解決していきます。

雷神屋敷の若者たちは、それぞれに個性的なキャラクターを持っています。主人公の若者は、正義感に溢れた熱血漢。他の若者たちは、クールで知的なタイプ、お調子者のタイプ、おっとりとしたタイプなど、さまざまな性格を持っています。

雷神屋敷の若者たちは、江戸の町で起こる事件を解決していく中で、さまざまな経験をします。彼らは、事件を通して、剣術の腕を磨き、人間として成長していきます。

「風来坊雷神屋敷」の評価

「風来坊雷神屋敷」の評価

「風来坊雷神屋敷」は、1961年に公開された時代劇映画であり、中川信夫が監督を務め、勝新太郎主演で制作されました。映画史上においても重要な作品であり、日本の映画批評家からも高い評価を受けています。

映画は、風来坊の侍である雷神の活躍を描いています。雷神は、敵である悪党と戦ったり、人々を救ったり、正義のために戦ったりするキャラクターとして描かれています。映画は、雷神と悪党とのスリリングな戦いや、雷神が人々を救う感動的なエピソードなど、多くの見どころで構成されています。

映画は、公開当初から多くの観客に支持され、興行収入も成功しました。また、映画批評家からも高い評価を受け、各映画賞でも数多くの賞を受賞しています。特に、監督である中川信夫は、この映画でヴェネツィア国際映画祭の銀獅子賞を受賞しており、日本の映画監督として初めてこの賞を受賞したことでも注目を集めました。

「風来坊雷神屋敷」は、日本の時代劇映画史において重要な作品であり、今もなお多くのファンに愛されています。映画は、その時代を代表する俳優である勝新太郎の演技や、中川信夫監督の演出など、多くの見どころで構成されており、日本の映画史において重要な作品であることは間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました