「垂直の死海」森村誠一の長編推理小説

スポンサーリンク

「垂直の死海」森村誠一の長編推理小説

垂直の死海とは。

「森村誠一による1983年刊行の長編推理小説『垂直の死海』は、そのタイトルの通り、垂直に切り立つ断崖絶壁に囲まれた海辺の町を舞台に、不可解な殺人事件を巡る調査と推理が展開する物語です。」

「垂直の死海」のあらすじ

「垂直の死海」のあらすじ

「垂直の死海」は、森村誠一氏の長編推理小説です。1960年に発表され、ベストセラーとなりました。後に映画化、テレビドラマ化もされました。

この小説は、東京オリンピックの開催を目前に控えた1963年の東京を舞台にしています。ある日、高層ビルの屋上から若い女性が転落死します。警察は自殺と断定しますが、事件には多くの謎が残されていました。

主人公のジャーナリスト・結城昌介は、この事件の真相を究明するため独自に調査を始めます。結城は、死んだ女性がオリンピック反対運動の拠点となっていたバーの店員だったことを突き止めます。また、ビルの屋上に女性を突き落とした人物がいたこと、そしてその人物がオリンピック開催に反対するグループの一味であることを突き止めます。

結城は、オリンピック反対運動の拠点となっていたバーのオーナー・山田正夫に接触します。山田は、結城に事件の真相を話し始めます。山田は、オリンピック開催に反対するグループのメンバーであり、女性はグループの一味によって殺害されたと語ります。

結城は、山田から事件の真相を聞き出し、警察に報告します。警察は、山田の証言をもとに捜査を開始し、オリンピック反対運動の拠点となっていたバーの一味を逮捕します。

事件は解決しましたが、結城はオリンピック開催に反対するグループの行動に疑問を抱きます。結城は、オリンピック開催に反対するグループのメンバーが、なぜ女性を殺害する必要があったのかを考え始めます。

結城は、オリンピック反対運動の拠点となっていたバーのオーナー・山田正夫に再び接触し、なぜ女性を殺害する必要があったのかを尋ねます。山田は、女性がグループの秘密を知ってしまったために殺害されたと語ります。

結城は、山田から事件の真相を聞き出し、警察に報告します。警察は、山田の証言をもとに捜査を開始し、オリンピック反対運動の拠点となっていたバーの一味を逮捕します。

事件は解決しましたが、結城はオリンピック開催に反対するグループの行動に疑問を抱きます。結城は、オリンピック開催に反対するグループのメンバーが、なぜ女性を殺害する必要があったのかを考え始めます。

「垂直の死海」の登場人物

「垂直の死海」の登場人物

「垂直の死海」の登場人物

森村誠一の長編推理小説「垂直の死海」には、さまざまな登場人物が登場します。主人公は、警視庁捜査一課の刑事である立花登紀夫です。立花は、鋭い洞察力と推理力で事件を解決する優秀な刑事です。

立花の部下である山村淳一は、新人刑事です。山村は、立花に憧れており、彼の捜査に熱心に取り組んでいます。しかし、経験が浅いため、失敗することもあります。

立花の恋人は、OLの香坂美沙です。美沙は、明るく活発な女性で、立花を支えています。しかし、立花の仕事が忙しいため、なかなかデートをする時間がありません。

事件の容疑者である久保寺昭一郎は、会社社長です。久保寺は、冷酷で傲慢な性格で、部下から恐れられています。しかし、彼は優れた経営者でもあり、会社を大きく成長させました。

久保寺の妻である久美子は、美しい女性です。久美子は、夫の浮気に悩んでおり、離婚を考えています。しかし、久保寺の暴力に怯えて、なかなか離婚に踏み切れません。

久保寺の愛人である西村恵子は、ホステスです。恵子は、久保寺の金と地位に惹かれて、彼と関係を持っています。しかし、彼女は久保寺を愛しているわけではありません。

これらの登場人物が絡み合い、複雑なミステリーが展開していきます。

「垂直の死海」のトリックと結末

「垂直の死海」のトリックと結末

「垂直の死海」は、森村誠一の長編推理小説です。1985年に刊行され、1986年に映画化されました。

この小説は、高層ビルの屋上から転落死した女性が、実は屋上から落下したのではなく、ビルの壁を垂直に登って登頂した後に、ビルの屋上から転落したというトリックで構成されています。

また、この小説には、ビルの壁を垂直に登るというトリックを可能にするための物理学的な根拠が示されており、それがこの小説の大きな特徴となっています。

小説の結末では、ビルの壁を垂直に登って登頂した女性が、ビルの屋上から転落した理由は、ビルの屋上に設置されていた看板のボルトが緩んでいて、女性が看板に手を掛けたときに看板が倒れて、女性が看板と一緒にビルの屋上から転落したということが判明します。

「垂直の死海」は、トリックと結末が非常に巧妙な推理小説として高く評価されており、森村誠一の作品の中でも代表作の一つとなっています。

タイトルとURLをコピーしました