ウィンザー公掠奪について

スポンサーリンク

ウィンザー公掠奪について

ウィンザー公掠奪とは。

1979年、英国の作家ジャック・ヒギンズがハリー・パタースン名義で書いた冒険小説は『ウィンザー公掠奪』として英語で出版されました。

「ウィンザー公掠奪」とは何か?

「ウィンザー公掠奪」とは何か?

「ウィンザー公掠奪」とは、英国王エドワード8世が退位後、妻のウォリス・シンプソン夫人とともにフランスに亡命し、その際に持ち出した莫大な量の美術品や家具、宝飾品などのコレクションのことである。第二次世界大戦勃発後、ナチス・ドイツがフランスを占領した際に、これらのコレクションは押収され、ベルリンに運ばれた。戦後、多くは連合国によって返還されたが、一部行方不明となっている。

ウィンザー公爵夫婦は美術品や家具、宝飾品など、多種多様なものを収集した。その中には、ルネサンス期の絵画、フランスの家具、中国の陶磁器など、非常に貴重な作品も含まれていた。また、スペイン王室に伝わるティアラや、エジプトのファラオが身に着けていたとされるイヤリングなど、歴史的な重要性を持つ宝石類も多かった。

これらのコレクションは、ウィンザー公爵夫婦がナチス・ドイツに押収された後、非常に混乱した状況にあった。一部は連合国によって返還されたが、一部は行方不明となった。現在でも、一部のコレクションがどこにあるのかは不明であり、国際的な美術界で注目されている。

「ウィンザー公掠奪」の歴史

「ウィンザー公掠奪」の歴史

ウィンザー公掠奪は、第二次世界大戦中にイギリス王室のウィンザー公エドワード8世と彼の妻ウォリス・シンプソンがナチス・ドイツから受け取った物品や金銭の疑惑であり、ウィンザー公が戦時中にナチス・ドイツと共謀していたとされることを裏付ける証拠がある。

これらの疑惑は、1950年代に最初に公表され、それ以来、様々な著者やジャーナリストによって調査されてきた。彼らは、ウィンザー公爵がナチスのプロパガンダや諜報活動に使用されたと主張する文書や証言を発見している。さらに、ウィンザー公とウォリス・シンプソンがナチスの高官と交際していたことも明らかになった。

ウィンザー公爵がナチス・ドイツと共謀していたという疑惑は、歴史家やジャーナリストの間で議論の余地がある。歴史家の中には、ウィンザー公がナチス・ドイツと積極的に協力していたわけではなく、単に無謀で無能な人物だったと考える人もいる。しかし、他の歴史家は、ウィンザー公がナチス・ドイツと共謀しており、第二次世界大戦を引き起こす責任の一端を担っていると信じている。

ウィンザー公掠奪の疑惑は、第二次世界大戦の歴史の中で重要なテーマであり続けている。それは、王室と政治との関係、プロパガンダの力、そして情報の重要性を示唆するものである。ウィンザー公掠奪の疑惑は今日でも議論の余地があり、今後も何年にもわたって議論され続けると思われる。

「ウィンザー公掠奪」の今昔

「ウィンザー公掠奪」の今昔

「ウィンザー公掠奪」の今昔

「ウィンザー公掠奪」とは、1936年にイギリス王エドワード8世が退位した際に、その妻ウォリス・シンプソン夫人がイギリス王室から持ち出した宝石類や美術品の総称である。これらの品々は、シンプソン夫人がウィンザー公に改名されたエドワード8世と結婚した際に、国王の立場を退くことを条件にイギリス王室から与えられたものである。

「ウィンザー公掠奪」は、当初から物議を醸した。王室から持ち出された品々は、本来イギリス国民の財産であるべきものだとの批判が強かったのである。また、シンプソン夫人はアメリカ人だったため、イギリス王室の財産を外国に持ち出したという批判もあった。

しかし、近年では「ウィンザー公掠奪」に対する見方が変わりつつある。「ウィンザー公掠奪」の品々は、シンプソン夫人とエドワード8世の愛の証であり、イギリス王室の歴史を語る上で重要なものであるとの評価が高まっているのである。また、これらの品々は、シンプソン夫人が亡くなった後、オークションに出品され、イギリス政府が落札したことで、再びイギリス国民の財産となった。

現在、「ウィンザー公掠奪」の品々は、ロンドン塔に展示されている。これらの品々は、イギリス王室の歴史を物語る貴重な資料として、多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっている。

タイトルとURLをコピーしました