「クリスマス・イヴ」の世界観 雪と殺人鬼の戦いの物語

スポンサーリンク

「クリスマス・イヴ」の世界観 雪と殺人鬼の戦いの物語

クリスマス・イヴとは。

「クリスマス・イヴ」は、岡嶋二人の長編サスペンス小説です。1989年に刊行されました。雪に閉ざされた別荘地を舞台に、殺人鬼との戦いを描いています。

雪に閉ざされた別荘地で起こる殺人事件

雪に閉ざされた別荘地で起こる殺人事件

雪に閉ざされた別荘地で起こる殺人事件

クリスマス・イヴの夜、雪に閉ざされた別荘地で殺人事件が発生します。被害者は、別荘に滞在していた若い女性で、何者かに首を刺されて死亡していました。警察はすぐに捜査を開始しますが、雪が降り続き、道路も閉鎖されているため、捜査は難航します。別荘地には、被害者のほかにも数人の人が滞在しており、警察は彼ら全員を疑い始めます。やがて、別荘地で次々と殺人事件が発生し、警察は犯人を追い詰めるために奔走します。果たして、警察は犯人を逮捕することができるのでしょうか?

殺人鬼の正体は?

殺人鬼の正体は?

殺人鬼の正体は、物語の序盤から徐々に明らかになっていきます。最初の殺人事件で、被害者の遺体が雪だるまにされた状態で発見されます。また、現場には「サンタクロースからの贈り物」というメッセージが残されていました。このメッセージと雪だるまから、犯人がクリスマスにまつわることを意識していることがわかります。

物語が進むにつれて、犯人はクリスマスキャロルを歌いながら殺人を犯したり、プレゼントを置いていったりするようになります。また、犯人は「私はサンタクロースだ」と名乗ったり、自分が「贈り物」を配っていると語ったりします。これらの言動から、犯人はクリスマスの象徴であるサンタクロースを模倣していることがわかります。

犯人の正体は、物語のクライマックスで明らかになります。犯人は、かつてクリスマスに両親を殺されたトラウマを抱えた青年でした。彼は、クリスマスを憎むようになり、その復讐のために殺人を犯していたのです。犯人は、自分がサンタクロースであると信じ込み、プレゼントを配ることで人々を幸せにしようとしていました。しかし、その行為は結局、多くの人を不幸にすることになりました。

犯人を追う人々の決死の戦い

犯人を追う人々の決死の戦い

犯人を追う人々の決死の戦い

クリスマス・イブの夜、小さな町が雪に覆われた。そして、その夜は、決して忘れることのできない夜となった。町には、殺人鬼が潜んでおり、次々と人々を殺害していった。町の人々は、恐怖に陥り、犯人を追うために決死の戦いを繰り広げた。

警察は、犯人を追跡するために全力を尽くした。刑事たちは、町中をくまなく捜索し、犯人の手がかりを探した。そして、ついに、犯人の隠れ場所を発見する。しかし、そこには犯人の姿はなく、代わりに、犯人が殺した人々の死体が横たわっていた。

刑事たちは、犯人を追いつめるために、町の人々と協力した。町の人々は、犯人の情報を提供し、犯人を捕まえるために協力した。そして、ついに、犯人は逮捕された。

犯人は、精神を病んでおり、犯行の動機は不明であった。しかし、犯人は、自分の罪を認め、死刑を宣告された。犯人は、クリスマス・イブの夜に、多くの命を奪った。しかし、犯人を追う人々の決死の戦いが、町の人々を救った。

タイトルとURLをコピーしました