バレエ『ナポリ』の世界

スポンサーリンク

バレエ『ナポリ』の世界

ナポリとは。

「ナポリ」は、オーギュスト・ブルノンヴィルによるデンマークの3幕のバレエで、1842年にデンマーク王立バレエ団で初演されました。この作品の原題は「Napoli」で、「ナポリ、または漁師とその花嫁」、「漁師と花嫁」などの別題でも知られています。

オーギュスト・ブルノンヴィルの傑作

オーギュスト・ブルノンヴィルの傑作

-オーギュスト・ブルノンヴィルの傑作-

オーギュスト・ブルノンヴィルは、19世紀デンマークのバレエダンサー、振付家、バレエマスターである。彼は、ロマンティック・バレエの重要人物であり、その傑作であるバレエ『ナポリ』は、今日でも世界中で上演され続けている。

『ナポリ』は、1842年にコペンハーゲンの王立デンマークバレエ団のためにブルノンヴィルが振付けた作品である。この作品は、イタリアのナポリを舞台とし、漁師の娘テレジーナと貴族の青年ジェンナーロの恋物語を描いている。ブルノンヴィルは、この作品の中で、イタリアの民族舞踊や音楽を取り入れ、華麗で情熱的なバレエを作り上げた。

『ナポリ』は、ブルノンヴィルの代表作であり、彼の振付の才能が遺憾なく発揮されている。この作品は、テクニックの難しさでも知られており、世界中のバレエ団が『ナポリ』を上演できるかどうかでその実力を測られるほどである。

『ナポリ』は、バレエファンのみならず、一般の人にも楽しめる作品である。華麗な踊りや美しい音楽、そしてロマンチックなストーリーは、誰もが楽しめる要素が詰まっている。ブルノンヴィルが作り上げた『ナポリ』の世界は、今日もなお、世界中の人々に愛され続けている。

デンマーク王立バレエ団の伝統

デンマーク王立バレエ団の伝統

-デンマーク王立バレエ団の伝統-

デンマーク王立バレエ団は、1748年にフレデリック5世によって設立された世界最古のバレエ団の一つです。このバレエ団は、その長い歴史の中で、多くの偉大なダンサーや振付師を生み出してきました。

デンマーク王立バレエ団の伝統の一つは、古典バレエのレパートリーを大切にしていることです。このバレエ団は、19世紀のロマンティック・バレエの傑作である「ラ・シルフィード」や「ジゼル」を、オリジナルの振付で上演しています。また、20世紀のモダン・バレエの傑作である「フォー・シーズンズ」や「アポロ」も、デンマーク王立バレエ団のレパートリーに含まれています。

デンマーク王立バレエ団のもう一つの伝統は、新しい作品を積極的に上演していることです。このバレエ団は、毎年、新しい振付師に作品を委託しています。また、コンテンポラリー・ダンスのカンパニーであるダンステアター・オブ・ハーレムや、モダンダンスの振付師であるウィリアム・フォーサイスなどの、外部のアーティストを招いて作品を上演しています。

デンマーク王立バレエ団は、その伝統を大切にしながら、新しい作品にも積極的に取り組んでいます。このバレエ団は、常に新しいことに挑戦し、世界中のバレエファンを楽しませています。

バレエにおけるナポリの魅力

バレエにおけるナポリの魅力

バレエにおけるナポリの魅力

太陽の光が降り注ぐナポリの街を舞台に、人々の暮らしや愛情、そして情熱が色鮮やかに描かれるバレエ『ナポリ』。この作品は、19世紀後半にイタリアの作曲家、パオロ・タリアフィーニによって作曲されました。明るく軽快な音楽と、華やかな衣装や舞台装置が特徴のバレエです。

ナポリの魅力は、何といってもその陽気さと情熱でしょう。バレエ『ナポリ』では、そんなナポリの魅力が存分に表現されています。人々はいつも笑顔で、音楽に合わせて踊ったり歌ったりしています。そして、恋愛においても情熱的で、一途です。

そんなナポリの魅力が凝縮されているのが、やはり第3幕の「結婚式」の場面でしょう。この場面では、ナポリの街を彩る衣装を身にまとった男女が、音楽に合わせて踊り、歌います。そして、クライマックスでは、新郎新婦が幸せそうに結婚を誓い合うのです。この場面は、バレエ『ナポリ』のなかでも最も華やかで、感動的な場面のひとつです。

バレエ『ナポリ』は、ナポリの魅力を余すところなく表現した作品です。この作品を見れば、きっとナポリの街に魅了されることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました