「零度の犬」の世界

スポンサーリンク

「零度の犬」の世界

零度の犬とは。

「零度の犬」は、詩人であり美術評論家の建畠晢が2004年に刊行した詩集です。この詩集は、第35回高見順賞を受賞しました。

零度の犬とは何か

零度の犬とは何か

「零度の犬」は、1957年に陸上自衛隊が発表した報告書である。この報告書は、1956年に北海道で発生した犬の狂犬病事件を調査したもので、犬の狂犬病予防接種が重要であることを訴えている。

報告書は、北海道で確認された狂犬病ウイルスの病原性は、それまで日本国内で流行していた狂犬病ウイルスよりもはるかに高いことを明らかにした。このウイルスは、犬の脳や神経に障害を与え、最終的には死に至る。ウイルスの感染経路は、狂犬病に感染した犬の唾液が健康な犬の傷口に入ることであり、感染した犬は興奮状態になり、攻撃的になる。

報告書は、狂犬病の予防接種が、犬の狂犬病感染を防ぐ唯一の方法であることを強調している。狂犬病の予防接種は、生後3ヶ月齢以上の犬に義務付けられているが、義務化されていない地域もある。報告書は、狂犬病予防接種の義務化を全国的に行うべきであると訴えている。

「零度の犬」は、狂犬病の危険性と狂犬病予防接種の重要性を訴える報告書である。狂犬病は、致死率の高い感染症であるため、犬の狂犬病予防接種は非常に重要である。

建畠晢の詩の世界

建畠晢の詩の世界

建畠晢の詩の世界

建畠晢は、1937年に東京に生まれた詩人である。彼は、1960年代から詩作を始め、1970年代には、若手詩人の登竜門である「現代詩手帖賞」を受賞した。その後も、数多くの詩集を発表し、現代詩壇を代表する詩人として活躍している。

建畠晢の詩は、日常の事物を新鮮な視点で見つめ、その美しさを描き出すことが特徴である。彼は、自然や動物、そして人間そのものを愛し、それらを題材とした詩を多く書いている。また、建畠晢の詩は、言葉の音楽性に富んでおり、音の響きを楽しむことができるのも魅力のひとつである。

建畠晢は、詩作に加えて、詩論や評論も執筆している。彼は、「詩は、言葉の力を借りて、世界の本質を問うものである」と主張し、詩の可能性を追求している。また、建畠晢は、現代詩の教育にも積極的に取り組んでおり、詩のワークショップや講演会を数多く開催している。

建畠晢は、日本の現代詩壇を代表する詩人である。彼の詩は、日常の事物を新鮮な視点で見つめ、その美しさを描き出すことが特徴である。また、建畠晢の詩は、言葉の音楽性に富んでおり、音の響きを楽しむことができるのも魅力のひとつである。建畠晢は、詩作に加えて、詩論や評論も執筆しており、現代詩の可能性を追求している。

第35回高見順賞を受賞

第35回高見順賞を受賞

第35回高見順賞を受賞

『零度の犬』は、2021年12月に新潮社から刊行された小説である。著者の遠野遥は、1987年生まれの青森県出身。2015年に『破局』で第39回すばる文学賞を受賞し、2016年に同作で第153回芥川龍之介賞候補となった。2017年に『空庭』で第35回野間文芸新人賞を受賞した。

『零度の犬』は、2020年に『新潮』に掲載された中編小説を大幅に加筆修正した長編小説である。主人公は、東京の下町にある私立高校に通う17歳の少女、田所佐和である。佐和は、ある日、学校帰りに公園で一匹の犬を見かける。その犬は、首輪もリードもしておらず、痩せ細ってガリガリにやせていた。佐和はその犬を保護し、自宅に連れて帰る。犬は、佐和が「ゼロ」と名付ける。

ゼロは、佐和の家族や友人たちに受け入れられ、佐和の生活に欠かせない存在となっていく。しかし、ゼロの過去は謎に包まれており、ある日、ゼロを巡る事件が発生する。その事件がきっかけで、佐和はゼロの過去を知り、ゼロが抱えていた苦悩を知ることになる。

『零度の犬』は、犬と人間の絆を描いた小説である。同時に、虐待や貧困など、現代社会の問題を扱った作品でもある。遠野遥は、本作で第35回高見順賞を受賞した。高見順賞は、高見順の業績を記念して、優れた中・長編小説に贈られる文学賞である。

タイトルとURLをコピーしました