落語「めがね泥」の世界

スポンサーリンク

落語「めがね泥」の世界

めがね泥とは。

「めがね泥」は、古典落語の演目のひとつです。「めがね屋」「めがね屋泥棒」「めがね屋盗人」とも呼ばれます。二代目桂小南が得意とした演目で、オチは間抜オチです。主な登場人物は、泥棒です。

古典落語「めがね泥」の概要

古典落語「めがね泥」の概要

「めがね泥」は、古典落語の一つで、古くから親しまれてきた演目です。とある長屋に暮らす三平という男が、町で安く売られている古着を買ったことをきっかけに、様々な騒動に巻き込まれていくというストーリーです。三平は、買った古着がなんと盗品だったことが発覚し、警察に追われる羽目に陥ってしまいます。しかし、機転を利かせて警察の追手をかわし、何とか難を逃れます。その後、三平は再びその古着を売ろうとしますが、今度は偽物であることが発覚し、またしても騒動に巻き込まれてしまいます。三平は、最終的に古着を元の持ち主に返すことで一件落着となりますが、その過程で様々な人々と出会い、様々な経験をすることになります。

二代目桂小南と「めがね泥」

二代目桂小南と「めがね泥」

-二代目桂小南と「めがね泥」-

二代目桂小南は、大阪出身の落語家で、初代桂小南の弟子でした。彼はその巧みな話術と、滑稽なキャラクターで知られており、特に人情噺を得意としていました。小南は、落語界で大きな功績を残し、現在でも多くの落語家が彼の噺を演じています。

小南の代表作のひとつが、「めがね泥」です。この噺は、ある男が、めがねを盗もうとしますが、そのめがねの持ち主が、実は盲目だったという話です。小南は、この噺を、得意の滑稽なキャラクターで演じ、観客を大いに笑わせていました。

「めがね泥」は、小南の代表作のひとつとして、現在でも多くの落語家が演じています。この噺は、人間の滑稽さを描いたもので、観客に笑いと感動を与えています。

「めがね泥」のオチを解説

「めがね泥」のオチを解説

「めがね泥」のオチを解説

「めがね泥」のオチは、泥棒が「眼鏡がない」という泥棒の癖を利用して、泥棒に眼鏡の置き場所を聞き出し、そこに集まった金品を盗み取るというものです。このオチは、泥棒の心理を巧みに利用したもので、落語ファンから高く評価されています。

このオチは、泥棒が「眼鏡がない」という癖を利用して、泥棒に眼鏡の置き場所を聞き出し、そこに集まった金品を盗み取るというものです。このオチは、泥棒の心理を巧みに利用したもので、落語ファンから高く評価されています。

また、このオチは、泥棒が「眼鏡がない」という癖を利用して、泥棒に眼鏡の置き場所を聞き出し、そこに集まった金品を盗み取るというものです。このオチは、泥棒の心理を巧みに利用したもので、落語ファンから高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました