ユニバーサル・バレエの世界

スポンサーリンク

ユニバーサル・バレエの世界

ユニバーサル・バレエとは。

ユニバーサル・バレエは、ソウルを拠点とする韓国初の民間バレエ団です。1984年に設立され、歴代の芸術監督にはエイドリアン・デラス、ダニエル・レヴァンス、ロイ・トバイアス、ブルース・スティーベルなどがいます。

韓国初の民間のバレエ団の歴史

韓国初の民間のバレエ団の歴史

韓国初の民間のバレエ団の歴史

韓国で最初の民間バレエ団は1954年に設立された「韓国芸術バレエ団」である。このバレエ団は、国立バレエ団に所属していたダンサーたちによって設立されたもので、韓国で初めて民間主導で運営されるバレエ団となった。韓国芸術バレエ団は、国内外で多くの公演を行い、韓国のバレエの発展に貢献した。しかし、1960年代後半に解散し、韓国初の民間バレエ団の歴史は幕を閉じた。

1970年代に入ると、再び民間バレエ団が設立されるようになった。1971年には「韓国現代バレエ団」が、1973年には「韓国国立バレエ団」が設立された。これらのバレエ団は、国立バレエ団とは異なり、民間主導で運営されており、それぞれ独自のカラーを持った公演を行っている。韓国現代バレエ団は、現代バレエを中心に上演しており、韓国国立バレエ団は、古典バレエを中心に上演している。

1980年代以降、韓国では民間バレエ団がさらに増え、現在では10以上の民間バレエ団が活動している。これらのバレエ団は、国内外の公演を行うだけでなく、バレエ教室を開設したり、バレエコンクールを開催したりするなど、韓国のバレエの発展に大きく貢献している。

韓国の民間バレエ団は、国立バレエ団とは異なる特色を持っている。国立バレエ団は、政府の支援を受けており、安定した運営基盤を持っている。一方、民間バレエ団は、民間からの資金援助に頼っており、運営が不安定になりやすい。しかし、民間バレエ団は、国立バレエ団よりも自由な発想で公演を行うことができ、新しい作品を積極的に上演している。また、民間バレエ団は、バレエ教室を開設したり、バレエコンクールを開催したりするなど、バレエの普及に努めている。

韓国の民間バレエ団は、韓国のバレエの発展に大きな貢献を果たしている。民間バレエ団は、国立バレエ団とは異なる特色を持っており、韓国のバレエ文化を多様化している。また、民間バレエ団は、バレエの普及に努めており、韓国のバレエ文化の発展に貢献している。

歴代の芸術監督と功績

歴代の芸術監督と功績

歴代の芸術監督と功績

ユニバーサル・バレエ団は、その長い歴史の中で、多くの芸術監督に率いられてきました。その中でも、特に功績を残した芸術監督を以下に紹介します。

・創立者セルゲイ・ディアギレフ

ユニバーサル・バレエ団の創立者であるセルゲイ・ディアギレフは、ロシアの美術評論家、バレエ興行師です。1909年にパリにバレエ・リュスを創設し、その後、1911年にユニバーサル・バレエ団の前身であるバレエ・リュス・ド・モンテカルロを創設しました。ディアギレフは、バレエの革新者として知られ、音楽、美術、ダンスを融合させた新しいバレエ作品を次々と発表しました。

・ジョージ・バランシン

ジョージ・バランシンは、ロシア出身の振付師、演出家です。1924年にディアギレフの招きでバレエ・リュスに加わり、1929年にニューヨーク・シティ・バレエ団を創設しました。バランシンは、クラシック・バレエの伝統を継承しつつ、新しい振付を次々と発表し、アメリカン・バレエの父と呼ばれています。

・フレデリック・アシュトン

フレデリック・アシュトンは、イギリス出身の振付師、演出家です。1935年にロイヤル・バレエ団に加わり、1963年から1970年まで芸術監督を務めました。アシュトンは、イギリスのバレエ界に大きな影響を与え、ロマンティック・バレエとクラシック・バレエの伝統を受け継ぎつつ、新しい振付を次々と発表しました。

・ケネス・マクミラン

ケネス・マクミランは、イギリス出身の振付師、演出家です。1966年にロイヤル・バレエ団に加わり、1970年から1977年まで芸術監督を務めました。マクミランは、コンテンポラリー・バレエの第一人者として知られ、社会問題や人間関係をテーマにしたバレエ作品を多く発表しました。

ユニバーサル・バレエの特徴と魅力

ユニバーサル・バレエの特徴と魅力

ユニバーサル・バレエの特徴と魅力

ユニバーサル・バレエは、世界中のバレエの伝統を融合させた、新しいタイプのバレエです。古典的なバレエのテクニックと芸術性をベースに、コンテンポラリーダンスやモダンダンスの要素を取り入れています。このユニークなスタイルは、バレエの伝統を大切にしながらも、新しい表現の可能性を探求するダンサーや振付師に支持されています。

ユニバーサル・バレエの特徴の一つは、ダンサーの多様性です。ユニバーサル・バレエのカンパニーには、世界中から集まったダンサーが在籍しており、それぞれが異なる文化やバックグラウンドを持っています。この多様性は、ユニバーサル・バレエの作品に豊かな表現力を与えています。

ユニバーサル・バレエの魅力の一つは、その革新性です。ユニバーサル・バレエの振付師たちは、古典的なバレエの伝統を尊重しながらも、新しい表現の可能性を探求することを恐れません。彼らは、コンテンポラリーダンスやモダンダンスの要素を取り入れたり、新しい音楽や舞台美術を使用したりして、常に新しい作品を生み出しています。

ユニバーサル・バレエは、その特徴的なスタイルと革新性で、世界中のバレエファンを魅了しています。古典的なバレエの美しさとコンテンポラリーダンスの表現力を兼ね備えたユニバーサル・バレエは、新しいバレエの時代を切り開く存在として期待されています。

タイトルとURLをコピーしました