「ヤング・モンタルバーノ」魅力と見どころ

スポンサーリンク

「ヤング・モンタルバーノ」魅力と見どころ

ヤング・モンタルバーノとは。

ヤング・モンタルバーノは、イタリアで制作されたテレビミニシリーズで、放映は2012年から始まりました。アンドレア・カミッレーリ原作のテレビドラマ「モンタルバーノシチリアの人情刑事」のスピンオフ作品であり、若き日のモンタルバーノの活躍を描いています。

原作との違い

原作との違い

-原作との違い-

「ヤング・モンタルバーノ」は、イタリアのコメディアン、アンドレア・カミッレリが生み出した、シチリア島を舞台にした人気ミステリー小説「モンタルバーノ警部シリーズ」を原作としています。原作のモンタルバーノ警部は、シチリア島を愛する中年の男で、ユーモラスな一面とシニカルな一面を併せ持っています。しかし、ドラマ版では、モンタルバーノ警部は若く、ハンサムで、女性にもモテモテという設定に変更されています。また、原作ではシチリア島を舞台にしていますが、ドラマ版ではローマを舞台に変更されています。このため、原作のシチリア島の風土や文化的な要素が、ドラマ版では薄れてしまっています。

しかし、ドラマ版では原作の主要人物や事件が忠実に再現されており、モンタルバーノ警部の人間味あふれるキャラクターや、シチリア島の美しい風景など、原作の魅力を十分に伝えることに成功しています。また、ドラマ版では、原作よりも恋愛要素が強くなっているため、女性にも楽しめる作品となっています。

若き日のモンタルバーノの魅力

若き日のモンタルバーノの魅力

若きイタリアの貴族、ニッコロ・マキアヴェッリが、1525年に発表した著書『君主論』は、政治学の歴史において最も影響力のある著作の1つとされています。この本は、当時のイタリアの政治情勢を背景に、君主が権力を維持するために必要な資質や行動を論じています。マキアヴェッリは、君主がたとえ暴君や冷酷な手段を用いても、権力を維持し、自国の利益を追求すべきだと説き、後の政治思想や世界情勢に大きな影響を与えました。

『君主論』は、君主が権力を維持するために必要な10の資質を挙げています。それらは、勇気、知性、慈悲、勇気、狡猾さ、仁慈、宗教心、寛容、誠実さ、謙虚さなどです。マキアヴェッリは、これらの資質を兼ね備えた君主が、短期間で権力を獲得し、それを維持することができるだろうと述べます。

『君主論』は、政治学の歴史において最も重要な著作の1つとして、今でも多くの政治学者や指導者によって研究されています。この本は、君主が権力を維持するために必要な資質や行動を論じており、後の政治思想や世界情勢に大きな影響を与えました。

美しいシチリアの景色

美しいシチリアの景色

-小見出し–美しいシチリアの景色-

「ヤング・モンタルバーノ」の舞台であるシチリア島は、壮大な景色と美しいビーチで知られています。ドラマでは、シチリアの田園地帯や海岸線の素晴らしい映像が随所に登場し、視聴者に地中海の魅力を余すところなく伝えています。

特に印象的なのは、シチリア島南部の町、ラグーサを舞台としたエピソードです。ラグーサはバロック様式の建築物で知られており、ドラマではその美しい街並みが何度も映し出されます。また、シチリア島の北部にあるエトナ山も何度か登場し、その雄大な姿が視聴者を魅了しています。

「ヤング・モンタルバーノ」は、単なる犯罪ドラマにとどまらず、シチリア島の美しい景色を堪能できる作品でもあります。ドラマを観ながら、シチリアの文化や歴史に触れることができるのも魅力のひとつです。

タイトルとURLをコピーしました