「最後の抵抗」徹底解説!

スポンサーリンク

「最後の抵抗」徹底解説!

最後の抵抗とは。

「最後の抵抗」は、スティーブン・キングの別名である米国人作家リチャード・バックマンが1981年に発表したサイコ・サスペンス小説です。原題は《Roadwork》で、日本では「ロードワーク」という題名で親しまれています。

あらすじとそのメッセージ

あらすじとそのメッセージ

「最後の抵抗」は、2021年に公開された戦争映画です。第二次世界大戦末期の1945年、ドイツ軍がベルリンに立てこもり、ソ連軍と激戦を繰り広げる様子を描いています。

この映画のあらすじは、ソ連軍がベルリンに迫り、ドイツ軍が最後の抵抗を試みるというものです。ドイツ軍は、総統官邸である総統官邸や国会議事堂などに立てこもり、ソ連軍と激しい市街戦を繰り広げます。ソ連軍は、圧倒的な兵力と物量でドイツ軍を攻め立てますが、ドイツ軍も必死に抵抗し、激戦となります。

この映画のメッセージは、戦争の悲惨さと虚しさです。映画では、戦争によって多くの命が失われ、多くの建物が破壊される様子が描かれています。また、戦争によって人々の心が傷つけられ、憎しみや怒りが生まれる様子も描かれています。映画は、戦争は決して解決策ではなく、平和こそが大切であることを訴えています。

主人公バート・デッカーの信念と選択

主人公バート・デッカーの信念と選択

バート・デッカーは、ベトナム戦争の最中、ベトコンの攻撃にさらされながらも、最後まで抵抗を続け、ベトナム戦争で唯一の生存者となった人物である。彼は、なぜそのような困難な状況の中でも、最後まで抵抗を貫き通したのか。

デッカーには、強い信念があった。彼は、たとえどんなに困難な状況に置かれても、決してあきらめてはならないと信じていた。また、彼は、仲間を置き去りにしてはいけないという信念も持っていた。この信念が、彼を最後まで抵抗を貫き通す力となった。

また、デッカーには、選択の余地があった。彼は、ベトコンに捕虜になることもできたし、仲間を見捨てて逃げることもできた。しかし、彼は、最後まで抵抗することを選んだ。この選択は、彼の信念に基づいたものであった。

デッカーの信念と選択は、彼を英雄にした。彼は、最後まで抵抗を貫き通したことで、人々から尊敬を集めている。また、彼は、仲間を見捨てなかったことで、人々から称賛されている。デッカーの信念と選択は、私たちに大きな勇気を与えてくれる。

社会問題と個人主義の葛藤

社会問題と個人主義の葛藤

– 社会問題と個人主義の葛藤

個人主義は、個人の権利と自由を重視する思想です。個人主義は、社会問題にどう対処するかという点で、しばしば社会主義や集団主義と対立します。社会主義は、社会の平等を重視する思想で、集団主義は、集団の利益を個人の利益よりも重視する思想です。

社会問題は、社会の不平等や貧困、犯罪、環境破壊など、社会全体に悪影響を与える問題です。社会問題は、個人の権利や自由を侵害することがあります。例えば、貧困は、個人の健康や教育の機会を奪うことがあります。犯罪は、個人の安全や財産を脅かすことがあります。環境破壊は、個人の健康や生活環境を悪化させることがあります。

社会主義や集団主義は、社会問題を解決するために、社会の平等や集団の利益を重視します。社会主義は、社会の富を平等に分配することで、貧困を解消しようと考えます。集団主義は、集団の利益を最優先することで、犯罪や環境破壊を防ごうと考えます。

しかし、社会主義や集団主義は、個人の権利や自由を侵害する可能性があります。例えば、社会主義は、社会の富を平等に分配するために、個人の財産権を制限することがあります。集団主義は、集団の利益を最優先するために、個人の行動を制限することがあります。

個人主義は、個人の権利と自由を重視するため、社会問題を解決するために、社会の平等や集団の利益を重視する社会主義や集団主義とは対立することがあります。しかし、個人主義は、社会問題を解決するために、社会の平等や集団の利益を無視するわけではありません。個人主義は、社会の平等や集団の利益を尊重しながら、個人の権利と自由を守ることで、社会問題を解決しようと考えます。

タイトルとURLをコピーしました