「アパートの鍵貸します」のトリビア

スポンサーリンク

「アパートの鍵貸します」のトリビア

アパートの鍵貸しますとは。

1960年に制作されたアメリカ映画「アパートの鍵貸します」は、ビリー・ワイルダー監督による都会派コメディーです。ジャック・レモン、シャーリー・マクレーン、フレッド・マクマレイ、レイ・ウォルストンなどが出演しています。

この映画は、第33回米国アカデミー賞で作品賞、監督賞、美術賞(白黒)、脚本賞、編集賞の5部門を受賞し、第18回米国ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、第14回英国アカデミー賞では作品賞を受賞しています。

ビル監督の傑作「ビリー・ワイルダー作品」

ビル監督の傑作「ビリー・ワイルダー作品」

-ビル監督の傑作「ビリー・ワイルダー作品」-

「アパートの鍵貸します」は、1960年に公開されたアメリカ映画。ビリー・ワイルダーが監督・脚本を務め、ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンが主演した。本作は、ニューヨーク市を舞台に、アパートの鍵を貸し借りする男女の恋愛模様を描いたロマンティック・コメディである。

本作は、公開当時から高い評価を受け、アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞の5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。また、本作は、アメリカ映画協会(AFI)が選出した「アメリカ映画ベスト100」にも選出されている。

本作は、ビリー・ワイルダー監督の傑作として知られている。ワイルダーは、本作で軽妙なタッチで男女の恋愛模様を描き、観客の共感を呼んだ。また、本作には、ワイルダー監督特有の皮肉やユーモアが随所にちりばめられており、観客を楽しませている。

本作は、現在でも世界中で愛されるロマンティック・コメディの金字塔である。

作品へのこだわりが光る「撮影の裏側」

作品へのこだわりが光る「撮影の裏側」

撮影の裏側

「アパートの鍵貸します」は、その作品へのこだわりが光る映画としても知られています。監督のキーシャ・キャスリーン・バードは、この映画の撮影のために、実際にサンフランシスコのノースビーチ地区に住み込み、地元の人々との交流を深めることで、この地域の雰囲気を忠実に再現することに成功しました。また、この映画の撮影は、サンフランシスコの実際の街並みを舞台に行われたため、臨場感あふれる映像が実現しました。さらに、この映画の撮影には、サンフランシスコの地元の俳優や女優が多数起用されており、彼らのリアルな演技が、この映画にさらなるリアリティを与えています。

映画史に名を残す「有名なシーン」

映画史に名を残す「有名なシーン」

-映画史に名を残す「有名なシーン」-

「アパートの鍵貸します」は、ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンを主演に、1960年に公開されたロマンチックコメディ映画です。この映画は、二人がニューヨーク市に住む独身男女を演じ、お互いにアパートの鍵を貸し借りすることで恋愛関係に発展していくというストーリーです。

この映画は、公開当時から批評家や観客から絶賛され、アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞の主要4部門を含む10部門にノミネートされ、5部門を受賞しました。この映画は、その後も多くの映画ファンに愛され続け、現在でも人気の高いクラシック映画の一つとなっています。

「アパートの鍵貸します」の中で最も有名なシーンは、ジャック・レモンがシャーリー・マクレーンにプロポーズするシーンです。このシーンは、二人がマンハッタンの夜景をバックに、屋上でキスを交わすというもので、映画史に残る名シーンとして知られています。このシーンは、二人の恋愛関係の集大成であり、映画を締めくくる感動的なシーンとなっています。

タイトルとURLをコピーしました