「追想 (ドラマ「Gメン’75」主題歌)」

スポンサーリンク

「追想 (ドラマ「Gメン’75」主題歌)」

追想とは。

「追想」は、1976年に発売された日本のポピュラー音楽です。しまざき由理さんが歌い、佐藤純弥さんが作詞、菊池俊輔さんが作曲しました。また、TBS系で放送されたドラマ「Gメン’75」の主題歌としても知られています。

「追想」誕生秘話

「追想」誕生秘話

「追想」誕生秘話

作曲家の中村八大は、ドラマ「Gメン’75」のテーマ曲を作るために、様々なアイディアを練りました。彼は、ドラマのストーリーやキャラクターをイメージしながら、メロディーやコード進行を考えました。

ある日、中村八大は、自宅のピアノで弾いているときに、ふとメロディーが浮かびました。彼は、そのメロディーをすぐに楽譜に書き起こしました。それが、後に「追想」として知られる曲の原曲です。

その後、中村八大は、曲の編曲を依頼するために、アレンジャーの川口真に連絡しました。川口真は、中村八大のメロディーを気に入ってくれ、すぐに編曲に取り掛かりました。

川口真は、中村八大のメロディーに、ストリングスやホーンなどの楽器を加えて、壮大なアレンジを施しました。また、彼は、曲の後半に、ドラマ「Gメン’75」のタイトルコールを入れるというアイディアを思いつきました。

こうして、中村八大と川口真の共同作業によって、「追想」は完成しました。この曲は、ドラマ「Gメン’75」の主題歌として使用され、大ヒットしました。また、「追想」は、中村八大と川口真の代表曲としても知られるようになりました。

「追想」のメロディーと歌詞の魅力

「追想」のメロディーと歌詞の魅力

「追想」のメロディーと歌詞の魅力

「追想」のメロディーは、切なくも美しいメロディーで、ドラマの主題歌として非常に印象的です。また、歌詞も非常に詩的で、ドラマの内容とリンクしており、ドラマのストーリーを盛り上げるものとなっています。

「追想」のメロディーは、Aメロ、Bメロ、サビの3つのパートで構成されています。Aメロは、ゆっくりとしたテンポで、切ないメロディーが奏でられます。Bメロは、テンポが少し速くなり、ドラマチックなメロディーが奏でられます。サビは、テンポがさらに速くなり、力強いメロディーが奏でられます。

「追想」の歌詞は、ドラマの主人公であるGメンたちが、事件解決のために奔走する姿を描いたものです。歌詞には、「追憶の街角に」「事件の影が忍び寄る」「今日もまたGメンが走る」など、ドラマの内容とリンクしたフレーズが登場します。

「追想」のメロディーと歌詞は、ドラマの主題歌として非常に効果的です。メロディーは切なくも美しいもので、ドラマのストーリーを盛り上げます。歌詞は詩的で、ドラマの内容とリンクしており、ドラマの主人公であるGメンたちの姿を描いています。

ドラマ「Gメン’75」と「追想」

ドラマ「Gメン'75」と「追想」

ドラマ「Gメン’75」と「追想」

1975年から1982年までTBS系列で放送された刑事ドラマ「Gメン’75」は、大ヒットを記録し、社会現象にもなった。その主題歌「追想」もまた、ドラマとともに多くの人々に愛され、今なお歌い継がれている。

「追想」は、ドラマの主題歌としてだけでなく、その歌詞がドラマの世界観を表現していることから、ドラマを象徴する曲としても知られている。歌詞の中には、「時の流れは止まってくれぬまま」や「思い出はいつも胸に生きる」など、ドラマの主人公であるGメンたちが、事件を解決していく中で、亡くなった仲間や犯人たちとの別れを経験し、それでもなお前に進んでいく姿が描かれている。

「追想」は、ドラマ「Gメン’75」を代表する曲であり、ドラマとともに多くの人々に愛され、今なお歌い継がれている。その歌詞は、ドラマの世界観を表現しており、ドラマを象徴する曲としても知られている。

タイトルとURLをコピーしました