古典落語の演目「梅若礼三郎」

スポンサーリンク

古典落語の演目「梅若礼三郎」

梅若礼三郎とは。

梅若礼三郎とは、古典落語の演目の一つで、「磯の白浪」「朧の梅若」とも呼ばれています。

「梅若礼三郎」の概要とあらすじ

「梅若礼三郎」の概要とあらすじ

-「梅若礼三郎」の概要とあらすじ-

「梅若礼三郎」は、古典落語の演目の一つです。上方落語では「青菜(せいさい)」とも呼ばれています。

この噺は、上方落語の天王山とも言われており、江戸落語と上方落語それぞれの代表的な演目の中に数えられています。

「梅若礼三郎」のあらすじは、江戸時代の京都の名門「梅若家」の当主である梅若礼三郎が、日頃の行いの悪さから、貧乏神に取り憑かれてしまい、さまざまな災難に遭うというものです。

貧乏神に取り憑かれた礼三郎は、まず、家財道具をすべて失い、路頭に迷うことになります。

そして、やっとのことでたどり着いた長屋の住まいでも、大家の娘に横恋慕してしまい、大家に家を追い出されてしまいます。

その後、礼三郎は、寺に身を寄せて修行することになりますが、そこでも貧乏神に取り憑かれてしまい、修行に失敗してしまいます。

そして、最終的には、貧乏神を追い払うために、稲荷神社にお参りして、貧乏神を退散させることに成功します。

「梅若礼三郎」は、貧乏神に取り憑かれた男の悲惨な運命を描いた噺ですが、同時に、貧乏神を退散させるというハッピーエンドを迎える噺でもあります。

「梅若礼三郎」の見どころ

「梅若礼三郎」の見どころ

「梅若礼三郎」の見どころ

古典落語の演目である「梅若礼三郎」は、様々な見どころがあります。その中でも特に注目したいのは、以下の3点です。

・梅若礼三郎のキャラクター
梅若礼三郎は、高慢ちきな性格で、自分の失敗を認めようとしない人物です。そのため、様々な騒動を巻き起こします。しかし、どこか憎めないキャラクターで、観客の笑いを誘います。

・複雑な人間模様
「梅若礼三郎」には、梅若礼三郎以外にも、様々なキャラクターが登場します。その中には、梅若礼三郎の妻であるお仲や、梅若礼三郎の弟子である小三郎など、個性豊かな面々が揃っています。このキャラクター同士が織りなす人間模様も見どころの一つです。

・見事なオチ
「梅若礼三郎」の見どころは何と言っても、見事なオチです。梅若礼三郎がある失敗をしてしまうのですが、その失敗をきっかけに、梅若礼三郎の性格に変化が生じます。その変化が、最後に意外な形で回収されます。このオチは、観客に爽快感を与えてくれます。

「梅若礼三郎」の演者

「梅若礼三郎」の演者

「梅若礼三郎」の演者

古典落語の演目である「梅若礼三郎」は、江戸時代に実在した歌舞伎役者・梅若礼三郎の逸話を題材とした人情噺です。この演目は、礼三郎がまだ若手俳優だった頃、師匠である中村勘三郎からの厳しい指導を受けながらも、ひたむきに努力を重ねてやがて大成するという物語です。

「梅若礼三郎」は、多くの落語家によって演じられており、十八代目中村勘三郎や三遊亭円朝、六代目三遊亭圓生、七代目立川談志など、名だたる落語家が得意としてきました。

十八代目中村勘三郎は、元々は歌舞伎役者だったのですが、落語にも精通しており、「梅若礼三郎」を得意としていました。彼の「梅若礼三郎」は、江戸情緒あふれる洒脱な語り口で、聴衆を魅了しました。

三遊亭円朝は、落語界の巨人であり、数多くの名作落語を生み出しました。「梅若礼三郎」もその一つで、円朝は、礼三郎の師匠である勘三郎の役を熱演し、聴衆を爆笑させました。

六代目三遊亭圓生は、円朝の弟子であり、円朝譲りの語りの技術で「梅若礼三郎」を演じました。彼の「梅若礼三郎」は、円朝のものよりもやや軽妙な語り口で、聴衆を楽しませました。

七代目立川談志は、落語界の革命児と呼ばれた落語家です。談志は、伝統にとらわれない新しい落語を追求しており、「梅若礼三郎」も談志流にアレンジを加えた独自の解釈で演じました。彼の「梅若礼三郎」は、従来の「梅若礼三郎」とは一味違った面白さがあり、聴衆を唸らせました。

「梅若礼三郎」は、落語の名作として今もなお多くの人々に愛されています。そして、この演目を演じる落語家も、それぞれの個性を生かした「梅若礼三郎」を披露しています。

タイトルとURLをコピーしました