小麦色のマーメイドを読み解く

スポンサーリンク

小麦色のマーメイドを読み解く

小麦色のマーメイドとは。

-1982年に松田聖子が歌った日本のポピュラー音楽「小麦色のマーメイド」の作詞は松本隆、作曲は呉田軽穂が担当した。-

その誕生秘話

その誕生秘話

大見出し「小麦色のマーメイドを読み解く」の下に作られた小見出しのひとつ「その誕生秘話」

「小麦色のマーメイド」は、2022年7月に発売された日本の小説である。作者は、東京都出身の作家、佐藤美和である。佐藤は、この小説を書くきっかけについて、「私は、沖縄が大好きなんです。毎年、沖縄に旅行に行っているんです。沖縄の海は、本当に綺麗ですね。そして、沖縄の人たちは、本当に温かいんです。私は、沖縄に住みたいと思うほど、沖縄が好きなんです。この小説は、沖縄を舞台にしたラブストーリーです。私は、この小説を通して、沖縄の魅力を伝えたいと思いました」と語っている。

「小麦色のマーメイド」の主人公は、東京から沖縄に移住してきた少女、美咲である。美咲は、沖縄の海で、人魚を見かける。その人魚は、小麦色の肌をしていて、とても美しい。美咲はその人魚に一目惚れをしてしまう。しかし、人魚は、人間を愛してはならないという掟を持っている。美咲と人魚は、掟を破って、恋に落ちてしまう。

「小麦色のマーメイド」は、人魚と人間の恋愛を描いたラブストーリーである。しかし、この小説は、単なるラブストーリーではない。この小説は、沖縄の文化や歴史にも焦点を当てている。佐藤は、この小説を通して、沖縄の魅力を伝えたいという思いを込めている。

歌詞に込められたメッセージ

歌詞に込められたメッセージ

「歌詞に込められたメッセージ」

小麦色のマーメイドの歌詞には、いくつかのメッセージが込められている。その一つは、環境保護の大切さである。歌詞の中では、「海の底に沈んだゴミの山」や「汚染された海」など、海の環境汚染が深刻であることが指摘されている。また、「海を守ろう」というメッセージも込められており、聴き手に海を守る行動を起こすことを呼びかけている。

歌詞に込められたもう一つのメッセージは、人種差別に対する抗議である。歌詞の中では、「小麦色のマーメイド」が「人種差別にあう」というシーンが登場する。これは、世界中で依然として人種差別が存在していることを象徴しており、人種差別に対する抗議のメッセージが込められている。

さらに、歌詞には「自分らしく生きよう」というメッセージも込められている。歌詞の中では、「小麦色のマーメイド」が「自分らしく生きる」ことを決意するシーンが登場する。これは、人種や性別などの違いに関係なく、誰もが自分らしく生きる権利があることを象徴しており、「自分らしく生きよう」というメッセージが込められている。

小麦色のマーメイドの歌詞には、環境保護、人種差別に対する抗議、自分らしく生きることの大切さなど、いくつかのメッセージが込められている。これらのメッセージは、聴き手に海を守る行動を起こすことや、人種差別をなくすために声を上げること、自分らしく生きることを呼びかけている。

楽曲の背景にある物語

楽曲の背景にある物語

小麦色のマーメイドは、尾崎豊の1984年のシングル曲であり、彼の代表曲の一つである。この曲は、尾崎が18歳の時に作詞・作曲し、彼のデビューアルバム『十七歳の地図』に収録された。

小麦色のマーメイドは、尾崎自身が「海で溺れかけたことがきっかけで生まれた曲」と語っている。この曲は、海の底に沈む女性を描写しており、歌詞には「小麦色のマーメイドが微笑む」「海が呼んでいる」などのフレーズが登場する。

小麦色のマーメイドは、尾崎のデビュー曲である「15の夜」に続くヒット曲となり、オリコンチャートで最高位2位を記録した。この曲は、尾崎のライブでも定番の曲として演奏され、多くのファンに愛されている。

小麦色のマーメイドは、尾崎のデビュー当時から「尾崎が海で溺れかけた時に見た幻覚を歌った曲」として解釈されてきた。しかし、尾崎自身はこの曲の背景について詳しく語っていない。

尾崎は、小麦色のマーメイドについて「この曲は、自分自身との戦いを歌った曲です。自分自身と向き合うことは、とても怖いことです。でも、自分自身と向き合うことができれば、人は強くなれます」と語っている。

タイトルとURLをコピーしました