「クロイツェル・ソナタ」を読み解く

スポンサーリンク

「クロイツェル・ソナタ」を読み解く

クロイツェル・ソナタとは。

「クロイツェル・ソナタ」は、夏樹静子さんが1995年に発表した長編社会派サスペンス小説です。

ストーリーのあらすじと登場人物紹介

ストーリーのあらすじと登場人物紹介

-「クロイツェル・ソナタ」を読み解く-

-ストーリーのあらすじと登場人物紹介-

「クロイツェル・ソナタ」は、トルストイが 1889 年に執筆した中編小説です。小説は、列車の中で出会った二人の男性の間の会話から始まります。一人は、音楽家であり、もう一人は、弁護士です。音楽家は、クロイツェル・ソナタという曲について話し、この曲が彼を魅了すると述べます。弁護士は、この曲は危険であると主張し、それは人々を狂気に追いやると言います。

この会話の後、小説は、音楽家の人生を回顧します。音楽家は、若い頃、才能あるピアニストとして活躍していました。彼は、美しい女性と結婚しましたが、彼女を愛することはできませんでした。彼は、浮気をするようになり、最終的には妻を殺害してしまいます。

音楽家は、妻を殺害した後、長い間、罪の意識に苦しみます。彼は、隠遁生活を送るようになり、音楽を弾くこともやめてしまいます。しかし、ある日、彼は再びクロイツェル・ソナタを耳にして、彼の過去の記憶が蘇ります。彼は、この曲を弾き続け、最終的には狂気に陥ってしまいます。

「クロイツェル・ソナタ」は、愛、嫉妬、狂気というテーマを扱った小説です。この小説は、トルストイの最も有名な作品の一つであり、世界中で広く読まれています。

-登場人物紹介-

* 音楽家才能あるピアニストであり、クロイツェル・ソナタに魅了されています。
* 弁護士音楽家と列車の中で出会い、クロイツェル・ソナタが危険であると主張します。
* 音楽家の妻美しく、音楽家を愛していますが、音楽家から愛されることはありません。
* 音楽家の愛人音楽家の浮気相手であり、音楽家の子どもを身ごもっています。

本作が描きたかったこと

本作が描きたかったこと

「クロイツェル・ソナタ」は、ロシアの文豪トルストイの長編小説です。本作は、ある音楽家の男と、その妻の間に起こる悲劇を描いています。

男は、バイオリンの名手であり、妻は、美しい歌手でした。二人は、音楽を愛し合い、幸せに暮らしていました。しかし、ある日、男は、妻が別の男と浮気をしていることを知ってしまいます。男は、妻を激しく責め立て、二人は、離婚することになります。

離婚後、男は、音楽の世界から身を引いてしまいます。彼は、妻を忘れられず、苦しみ続けます。一方、妻は、新しい男と結婚し、幸せに暮らしていました。

数年後、男は、妻と再会します。妻は、男に、自分はもう二度と浮気をしないと誓います。男は、妻を許し、二人は、再び一緒に暮らすようになります。しかし、二人の幸せは、長くは続きませんでした。ある日、男は、妻が浮気をしていることを知ってしまいます。男は、妻を殺してしまい、自分は自殺します。

本作が描きたかったことは、愛と嫉妬の狂気の怖さです。男は、妻を愛するあまり、彼女を殺してしまいます。また、妻は、男を愛するあまり、彼を裏切ってしまいます。本作は、愛と嫉妬の狂気の怖さを警告する物語です。

名作たる所以とその評価

名作たる所以とその評価

「クロイツェル・ソナタ」は、1889年にロシアの作家レフ・トルストイによって書かれた小説です。この小説は、音楽家である男性と女性が、ベートーベンのクロイツェル・ソナタを演奏したことをきっかけに、激しく愛し合い、やがて破滅へと向かう物語です。この小説は、トルストイの代表作の一つであり、世界中で多くの読者から愛されています。

「クロイツェル・ソナタ」は、その芸術性や思想性の高さから、名作として高く評価されています。この小説は、音楽の持つ力や、愛と憎しみの関係、人間の性の問題など、さまざまなテーマを扱っており、読者に深い思索を促します。また、トルストイの巧みな心理描写や、美しい文章もこの小説の魅力の一つです。

「クロイツェル・ソナタ」は、世界中の多くの批評家から賞賛を浴びてきました。例えば、ロシアの文芸評論家ドミートリー・メルジェコフスキーは、この小説を「20世紀最高の小説の一つ」と評しています。また、イギリスの作家ジョージ・オーウェルは、「クロイツェル・ソナタ」を「トルストイの最高傑作」と呼んでいます。

「クロイツェル・ソナタ」は、その芸術性や思想性の高さから、世界中で多くの読者から愛されている名作です。この小説は、音楽の持つ力や、愛と憎しみの関係、人間の性の問題など、さまざまなテーマを扱っており、読者に深い思索を促します。また、トルストイの巧みな心理描写や、美しい文章もこの小説の魅力の一つです。

タイトルとURLをコピーしました