「あんぱんまん」誕生秘話を紐解く

スポンサーリンク

「あんぱんまん」誕生秘話を紐解く

あんぱんまんとは。

知られざる誕生秘話

知られざる誕生秘話

「知られざる誕生秘話」

国民的アニメ「あんぱんまん」の誕生秘話は、多くのファンに知られています。しかし、実はあまり知られていない誕生秘話もあるのです。

その一つは、あんぱんまんのモチーフとなった人物の存在です。作者のやなせたかしさんは、第二次世界大戦中に、空襲で家を焼かれ、焼け野原をさまよっていた時に、一人の老婆からあんぱんを分けてもらったことがあるそうです。その老婆の優しさに感動したやなせたかしさんは、あんぱんを題材にした絵本を作りたいと思うようになったのだとか。

もう一つの知られざる誕生秘話は、あんぱんまんのデザインについてです。当初、やなせたかしさんは、あんぱんまんの顔を丸く描くつもりだったそうです。しかし、丸い顔ではインパクトが弱いと思い、最終的には四角い顔にすることにしたのだとか。また、あんぱんまんのアンテナは、テレビのアンテナをイメージしたものだそうです。

このように、あんぱんまんの誕生秘話には、多くの知られざるエピソードが隠されているのです。これらのエピソードを知ることで、あんぱんまんというキャラクターをより深く理解することができるでしょう。

誕生から現在までの軌跡

誕生から現在までの軌跡

-誕生から現在までの軌跡-

やなせたかしによる絵本の「あんぱんまん」は、1973年にフレーベル館から『あんぱんまん』というタイトルで第10巻として刊行されたのが始まりです。その後、キャラクターの可愛らしさと、誰もが親しみやすいストーリーが受け入れられ、人気が出ました。1988年に日本テレビ系列でテレビアニメ化され、現在も放送が続いています。

あんぱんまんは、頭がおむすびで、体はアンパンのキャラクターです。いつも困っている人を助けるために町中を飛び回っています。「アンパーンチ」という決め台詞は、子どもに親しまれ、国民的な人気キャラクターになりました。

あんぱんまんの作者であるやなせたかしは、1919年に高知県に生まれました。40歳で漫画家としてデビューする前は、新聞記者や作詞家、フランス語の通訳など、様々な職業を経験しました。やなせは、子どもが喜んでくれることを一番に考え、作品を描き続けました。

あんぱんまんは、やなせの代表作のひとつですが、他にも「それいけ!アンパンマン」シリーズ、「ハクション大魔王」シリーズ、「ちびまる子ちゃん」シリーズなど、数多くの作品を生み出しました。やなせの描くキャラクターは、どれもユーモアがあり、温かみのあるものばかりです。

2013年にやなせが亡くなった後も、あんぱんまんは子どもたちに愛され続けています。テレビアニメは現在も放送されており、映画も定期的に制作されています。また、テーマパーク「アンパンマンミュージアム」も全国にオープンし、多くの子どもたちで賑わっています。

タイトルとURLをコピーしました