水滸伝(中国TVドラマ):歴史のロマン

スポンサーリンク

水滸伝(中国TVドラマ):歴史のロマン

水滸伝とは。

水滸伝は、2011年7月に放映を開始した中国のテレビドラマです。全86話あり、チャン・ハンユー、リー・ゾンハン、イエン・クアンなどが出演しています。歴史ロマンを題材としたドラマです。

張涵予(チャン・ハンユー)による鮮烈な宋江

張涵予(チャン・ハンユー)による鮮烈な宋江

張涵予(チャン・ハンユー)による鮮烈な宋江

主演の張涵予(チャン・ハンユー)氏演じる宋江は、水滸伝の中で最も魅力的なキャラクターの1人です。張涵予氏は、宋江の豪放磊落さとリーダーシップ、そして彼の内面の葛藤を鮮烈に演じています。張氏演じる宋江は、まさに水滸伝の主人公にふさわしい存在感です。

特に、梁山泊を出て宋王朝に帰順するシーンは、張氏の名演が光ります。宋江の苦悩と葛藤が、画面いっぱいに広がります。このシーンは、水滸伝の中でも最も名場面の1つとして挙げられるでしょう。

張涵予氏は、宋江を演じるにあたり、徹底した役作りを行いました。張氏は、水滸伝の原典を何度も読み込み、宋江の人物像を深く理解した上で、撮影に臨みました。また、張氏は宋江の故郷である山東省を訪問し、宋江ゆかりの地を巡りました。こうした努力が、張氏による鮮烈な宋江を生み出したのです。

張涵予氏が演じる宋江は、水滸伝の中で最も人気のあるキャラクターの1人です。張氏演じる宋江は、水滸伝の世界観を体現したような存在であり、水滸伝ファンから絶大な支持を得ています。

李宗翰(リー・ゾンハン)による聡明な呉用

李宗翰(リー・ゾンハン)による聡明な呉用

李宗翰(リー・ゾンハン)による聡明な呉用

李宗翰は、水滸伝で呉用を演じ、聡明さと機転の良さを兼ね備えたキャラクターを作り上げた。呉用の役柄は、水滸伝のストーリー展開において重要な役割を果たし、李宗翰の演技は、呉用のキャラクターを生き生きと表現することに成功している。

李宗翰は、呉用を演じるにあたって、キャラクターの知性と機転の良さを強調することを意識したという。呉用は、梁山泊の軍師として、仲間たちを導き、数々の戦いで勝利に貢献する人物である。李宗翰は、呉用の知性と機転の良さを表現するために、表情や仕草にこだわって演技した。

また、李宗翰は、呉用と宋江との関係性についても、丁寧に表現している。宋江は、梁山泊の首領であり、呉用は宋江を支える軍師である。李宗翰は、呉用と宋江の信頼関係を、表情や仕草で表現することに成功している。

李宗翰による呉用は、聡明さと機転の良さを兼ね備えたキャラクターであり、水滸伝のストーリー展開において重要な役割を果たす人物である。李宗翰の演技は、呉用のキャラクターを生き生きと表現することに成功しており、視聴者に強い印象を残している。

厳寛(イエン・クアン)による狂気の李逵

厳寛(イエン・クアン)による狂気の李逵

厳寛による狂気の李逵

中国TVドラマ「水滸伝」で、最も印象的なキャラクターの一人である李逵を演じたのが、俳優の厳寛(イエン・クアン)だ。厳寛は、李逵の狂気を巧みに表現し、視聴者に強烈な印象を残した。

李逵は、水滸伝の108人の好漢の一人。粗暴で好戦的な性格で、しばしばトラブルを起こす。しかし、その一方で、正義感が強く、仲間思いの一面もある。厳寛は、李逵のこうした二面性を巧みに演じ分け、視聴者に李逵の魅力を伝えた。

厳寛の李逵は、特に狂気のシーンでその真骨頂を発揮した。酒に酔った李逵は、豹のように暴れ回り、敵をなぎ倒していく。その姿は、まさに狂気の沙汰であり、視聴者は息を呑んで見守る。

厳寛の李逵は、水滸伝のキャラクターの中でも最も人気のあるキャラクターの一人だ。その狂気は、視聴者に強烈な印象を残し、忘れられないキャラクターとなった。厳寛の李逵は、水滸伝史上最高の名演の一つであると言えるだろう。

タイトルとURLをコピーしました