『内側の世界』ってどんな作品?

スポンサーリンク

『内側の世界』ってどんな作品?

内側の世界とは。

「内側の世界」は、米国作家のロバート・シルヴァーバーグが1971年に発表した長編SF小説です。原題は「The World Inside」です。

作品の概要

作品の概要

「内側の世界」は、2020年に公開されたアメリカのサイエンスフィクション映画です。監督はジョナサン・ノラン、脚本はマイケル・ケインとノランが共同で執筆しました。この映画は、睡眠障害に苦しむ女性、マーガレット・ラッセルの物語です。彼女は、睡眠中に鏡の向こう側にある世界、内側の世界に入り込むようになります。内側の世界は、現実世界とは異なる美しく幻想的な世界ですが、マーガレットはそこで、現実世界で彼女を悩ませている問題から逃れることができません。

マーガレットは、内側の世界で、彼女自身の内面と向き合うことになります。彼女は、自分のトラウマや不安、欲望を直視し、それらを乗り越えることで、現実世界で成長していくことになります。この映画は、内面の旅を通じて、人間の複雑な心理を描き出しています。

主要な登場人物

主要な登場人物

-主要な登場人物-

* -森井蛍- 主人公。高校2年生。引っ込み思案で人との交流を避ける。
* -堀江蒼汰- 蛍のクラスメート。明るく人懐っこい性格で、蛍を気に掛ける。
* -小島香織- 蛍のクラスメート。成績優秀で生徒会役員を務める。
* -田中大輔- 蛍のクラスメート。運動神経抜群で、スポーツ万能。
* -鈴木美咲- 蛍のクラスメート。世話焼きな性格で、友達思い。
* -森井恵- 蛍の妹。小学6年生。活発で社交的。
* -森井裕介- 蛍の父。会社員。厳格な性格だが、蛍を愛している。
* -森井美香- 蛍の母。専業主婦。温厚な性格で、蛍をいつも気にかけている。

作者について

作者について

作者について

『内側の世界』の作者は、1980年に東京都で生まれた内藤裕介氏です。内藤氏は、幼い頃から絵を描くことが好きで、高校卒業後は美術大学に進学しました。大学卒業後は、イラストレーターとして活動を開始し、雑誌や書籍の挿絵などを手がけてきました。2010年に、初の個展を開催し、大きな反響を呼びました。2012年には、第5回弘前ビエンナーレに参加し、入選を果たしました。2015年には、第1回東京ビエンナーレに参加し、入選を果たしました。2017年には、第5回瀬戸内国際芸術祭に参加し、入選を果たしました。内藤氏の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館やギャラリーで展示されています。

タイトルとURLをコピーしました