「借家借り」とはどんな話?古典落語の魅力

スポンサーリンク

「借家借り」とはどんな話?古典落語の魅力

借家借りとは。

「借家借り」は、古典落語の演目のひとつで、「小言幸兵衛」の上方での別の題名のことです。

「借家借り」のあらすじ

「借家借り」のあらすじ

「借家借り」は、古典落語の演目の一つです。江戸時代の庶民の生活を描いた人情噺で、借金を抱えた男が家主から家賃を催促され、苦し紛れに嘘をついて取り繕うという滑稽な噺です。

主人公の男は、質屋で働く久兵衛という男です。久兵衛は、勤勉で真面目な性格ですが、借金を抱えて苦労しています。久兵衛の借金は、妻の病気や子供の養育費など、生活費に充てたものがほとんどです。そのため、家賃を支払うお金が底をついてしまいました。

家主である八五郎は、久兵衛に家賃を催促します。久兵衛は、八五郎に嘘をついて、家賃を支払うお金を工面します。しかし、八五郎は久兵衛の嘘を見破り、家賃を支払うように迫ります。久兵衛は、八五郎に追い詰められ、ついに嘘を告白します。

八五郎は、久兵衛の事情を聞いて、家賃を支払う猶予を与えます。久兵衛は、八五郎に感謝し、真面目に働いて借金を返済することを誓います。

「借家借り」は、江戸時代の庶民の生活を描いた人情噺です。久兵衛の苦しい生活や、八五郎の思いやりなど、江戸時代の庶民の生活や人情が垣間見える噺です。

「借家借り」に見る古典落語の特徴

「借家借り」に見る古典落語の特徴

「借家借り」に見る古典落語の特徴

「借家借り」は、古典落語の中でも人気の演目のひとつです。この演目は、借家を探している男が、あまりにも数が多くて迷ってしまうというストーリーです。この演目には、古典落語の特徴である「間」や「オチ」がふんだんに盛り込まれています。

「間」とは、落語の中で使われる言葉で、沈黙や間接的な表現のことです。古典落語では、この「間」を巧みに使うことで、観客の笑いを誘います。「借家借り」では、男が借家を探しに不動産屋を訪れるシーンで、不動産屋が男に様々な借家の情報を紹介するのですが、そのたびに男が「ちょっと考えさせてください」と言って、不動産屋を帰してしまいます。この「ちょっと考えさせてください」というセリフの後に、男が困っている様子を間で表現することが多いです。この「間」によって、観客は男の困っている様子を想像して、笑いを誘います。

「オチ」とは、落語の最後にやってくる、意外な結末のことです。古典落語では、この「オチ」を巧みに使うことで、観客に驚きと笑いを提供します。「借家借り」では、男がようやく借家を見つけるのですが、その借家は、なんと男が住んでいた家の隣の家だったというオチがついています。このオチは、観客に予想外の結末を提供し、笑いを誘います。

「借家借り」は、古典落語の特徴である「間」や「オチ」が巧みに使われている代表的な演目のひとつです。この演目は、古典落語の魅力を十分に味わうことができるでしょう。

「借家借り」の演者による違い

「借家借り」の演者による違い

古典落語の魅力の一つは、演者によって演じ方が異なることです。これは、「借家借り」という演目でも顕著に表れています。

例えば、江戸っ子気質の強い演者は、主人公の八五郎を江戸っ子らしく演じます。八五郎は、大家の嫌がらせに負けず、啖呵を切って立ち向かうような人物です。

一方、上方落語の演者は、八五郎を上方の人間らしく演じます。八五郎は、大家の嫌がらせに耐えながら、最後に大家を言い負かすような人物です。

また、同じ江戸落語でも、各演者によって八五郎の演じ方は異なります。例えば、三遊亭円楽は、八五郎をユーモラスに演じます。八五郎は、大家の嫌がらせに負けず、最後に大家を言い負かすような人物です。

一方、柳家小三治は、八五郎をシリアスに演じます。八五郎は、大家の嫌がらせに耐えながら、最後に大家を言い負かすような人物です。

このように、演者によって「借家借り」の演じ方は異なります。そのため、同じ演目でも、演者によって全く違った印象を受けることができます。

これは、古典落語の魅力の一つであり、古典落語を聴く楽しみの一つでもあります。

タイトルとURLをコピーしました