「青春の十字架」とは?森村誠一の推理小説

スポンサーリンク

「青春の十字架」とは?森村誠一の推理小説

青春の十字架とは。

森村誠一作の長編推理小説で、2008年に出版され、棟居刑事シリーズに属する「青春の十字架」というタイトルの作品があります。

ストーリーの概要

ストーリーの概要

「青春の十字架」は、森村誠一の推理小説であり、1983年に発表されました。主人公は、私立高校の教師である早乙女貞夫です。早乙女は、クラスの生徒である女子高生が自殺したことをきっかけに、その死の真相を解明していくことになります。

ストーリーの概要は以下の通りです。

東京都立城東高校で国語教師をする早乙女貞夫は、学校で起きた女子高生生徒の自殺に疑問を持ちます。自殺した女子高生は、成績優秀かつ性格も大人しく優等生でした。しかし、自殺する直前に書いた遺書には、「私は、十字架を背負って生きてきた」と書かれていました。早乙女は、彼女の死の真相を解明するため、独自に調査を始めることにしました。

捜査を進めるうち、早乙女は、女子高生の家族に秘密があることを突き止めます。女子高生の父親は、大手企業の社長でしたが、会社の不正事件に巻き込まれていました。女子高生の母親は、かつて人気歌手でしたが、夫の事件をきっかけに芸能界を引退していました。そして、女子高生自身も、いじめを受けていたことが判明します。

早乙女は、女子高生の死が、これらの問題に起因しているのではないかと考えます。そして、事件の真相を明らかにするために、女子高生の家族や友人、そして学校関係者から話を聞くことにします。

やがて、早乙女は、女子高生の自殺が、ある人物による殺人であることを突き止めます。その人物は、女子高生の父親の会社で不正事件を起こした人物でした。その人物は、女子高生の父親を脅迫するため、女子高生を殺害したのです。

早乙女は、事件の真相を警察に報告し、犯人を逮捕させます。事件は解決しましたが、早乙女は、女子高生の死をきっかけに、人間の心の闇について考えさせられることになりました。

棟居刑事シリーズについて

棟居刑事シリーズについて

棟居刑事シリーズとは、森村誠一が1982年から2010年まで書き続けた推理小説シリーズである。その主人公は、神奈川県警捜査一課の棟居弘一朗である。棟居は、頭脳明晰で行動力のある刑事であり、難事件を解決する能力で知られている。また、正義感が強く、弱いものを助けることに情熱的な人物である。

棟居刑事シリーズは、緻密なプロットとリアルな描写が特徴である。森村は、警察官としての実体験を基に、警察組織の内部や犯罪捜査の手法をリアルに描いている。このため、棟居刑事シリーズは、読者に臨場感を与え、推理小説としての面白さを味わうことができる。

棟居刑事シリーズは、映画やテレビドラマ化もされている。1990年には、棟居刑事役を役所広司が演じた映画「棟居刑事の青春の十字架」が公開され、1995年には、棟居刑事役を水谷豊が演じたテレビドラマ「棟居刑事の青春の十字架」が放送された。また、2010年には、棟居刑事役を小日向文世が演じたテレビドラマ「棟居刑事の青春の十字架III」が放送された。

森村誠一という作家

森村誠一という作家

森村誠一という作家

森村誠一は、1933年1月2日に東京都で生まれた推理小説作家です。早稲田大学政治経済学部を卒業後、出版社に勤務し、1961年に『野性の證明』でデビューしました。同作は、映画化され、大ヒットしました。その後も、『腐蝕の構造』『虚構の城』『人間の証明』など、多くのベストセラーを執筆しました。

森村誠一の作品は、社会派推理小説が多く、社会問題を鋭く描いた内容で知られています。また、歴史小説やノンフィクションも執筆しており、その幅広い作風で人気を集めています。森村誠一は、2022年4月24日に89歳で逝去しましたが、その作品は今もなお、多くの人々に読み継がれています。

森村誠一は、推理作家としてだけでなく、社会評論家としても活躍しました。社会問題を鋭く指摘したエッセイや評論を執筆し、社会に警鐘を鳴らし続けました。また、環境問題にも関心が高く、自然保護活動にも積極的に参加しました。

森村誠一は、その作品と社会活動を通じて、多くの人々に影響を与えました。その功績は、今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました