「代り目」とは?酔っ払いの考えオチなオチは?

スポンサーリンク

「代り目」とは?酔っ払いの考えオチなオチは?

代り目とは。

「代り目」とは、古典落語の演目の一つです。別名「銚子の代り目」とも呼ばれます。七代目雷門助六が得意とした演目で、その特徴は考えオチになっていることです。主な登場人物は、酔っ払いとなっています。

「代り目」のあらすじ

「代り目」のあらすじ

「代り目」は、江戸時代の後期に活躍した戯作者である十返舎一九の代表作の一つです。この作品は、主人公である六兵衛が、酒に酔った勢いで、妻のおさんとうい友人と一夜を過ごしてしまったことから起こる騒動を描いたものです。

六兵衛は、酒を飲んで帰宅すると、妻のおさんが留守でした。そこで、六兵衛は友人の家に遊びに行き、そこで酒を飲んで酔っ払ってしまいました。そして、六兵衛は酔った勢いで、友人の妻であるおさんと一夜を過ごしてしまったのです。

翌日、六兵衛は二日酔いで目が覚めると、おさんと一緒に寝ていることに気づきます。六兵衛は驚いておさんから離れ、すぐに妻のおさんのところへ帰りました。しかし、おさんは六兵衛の浮気を知って激怒し、六兵衛を家から追い出してしまいました。

六兵衛は、家を追い出されて途方に暮れます。そこで、六兵衛は友人の元を訪ね、事情を説明しました。友人は六兵衛を気の毒に思い、六兵衛を自分の家に住まわせることにしました。

六兵衛は、友人の家で暮らし始めますが、妻のおさんのことが忘れられません。六兵衛は、おさんに謝罪するために、何度も家に帰ろうとしましたが、おさんは六兵衛を許してくれませんでした。

ある日、六兵衛は友人の家で酒を飲んで酔っ払ってしまいました。そして、六兵衛は酔った勢いで、おさんの家に乗り込みました。おさんは六兵衛を見て激怒し、六兵衛を家から追い出そうとしました。しかし、六兵衛は「俺は悪くない!」と叫び、おさんに抵抗しました。

そのうち、六兵衛とおさんの喧嘩は近所中に響き渡り、人々が集まってきてしまいました。人々は、六兵衛とおさんの喧嘩を見て「代り目だ!」と叫びました。代り目とは、夫婦が喧嘩をすることを意味します。

六兵衛とおさんの喧嘩は、いつまでも続きそうで、人々も飽きてしまいました。すると、一人の男が「もうやめろ!」と叫びました。その男は、六兵衛の友人で、六兵衛とおさんの仲を裂きたくなかったのです。

男の説得により、六兵衛とおさんの喧嘩はようやく止まりました。そして、六兵衛とおさんは、仲直りすることができました。

「代り目」の登場人物

「代り目」の登場人物

「代り目」の登場人物

『代り目』は、昭和40年代に活躍した落語家の三遊亭圓生によって創作された落語です。登場人物は、主人公の男と、借金取りの男の2人です。

男は、借金取りの男から借金を返済するように迫られています。しかし、男は借金を返すお金がありません。そこで、男は酔っ払って借金取りの男を欺こうとします。

男は、借金取りの男に「代り目」を飲ませます。「代り目」とは、借金取りの男が男に借金を返済するように迫る代わりに、男が借金取りの男に酒を飲ませるというものです。

借金取りの男は、男が飲ませた酒を飲んで酔っぱらってしまいます。酔っぱらった借金取りの男は、男に「借金はチャラにしてやる」と言って帰ってしまいます。

男は、借金取りの男が酔っぱらっている間に、借金を返済せずに逃げ出してしまいます。借金取りの男は、目覚めた後に自分が騙されたことに気づきます。

『代り目』は、酔っ払いの男が借金取りの男を欺いて借金をチャラにするという、ユーモアのある落語です。圓生の軽妙な語り口と、巧みな人物描写が光る作品です。

「代り目」の見どころ

「代り目」の見どころ

「代り目」の見どころ

「代り目」は、三島由紀夫の短編小説です。1954年に雑誌「新潮」に掲載され、1956年に単行本として出版されました。

「代り目」は、酔っ払いの男が、タクシー運転手と議論する話です。男は、運転手に「代り目」の意味を聞きますが、運転手は答えられません。男は、運転手に「代り目」の意味を説明しますが、運転手は納得しません。男は、運転手に「代り目」の意味を理解させるために、さまざまな例を挙げます。しかし、運転手は理解しません。

男は、運転手に「代り目」の意味を理解させることができずに、酔いつぶれてしまいます。運転手は、男を彼の家に送り届けます。男の妻は、運転手に「代り目」の意味を聞きますが、運転手は答えられません。男の妻は、運転手に「代り目」の意味を説明しますが、運転手は納得しません。

男の妻は、運転手に「代り目」の意味を理解させるために、さまざまな例を挙げます。しかし、運転手は理解しません。運転手は、男の妻に「代り目」の意味を理解させることができずに、帰ってしまいます。

「代り目」は、酔っ払いの男が、タクシー運転手と議論する話ですが、その中に、人生の真実が隠されています。人生には、さまざまな「代り目」があります。その「代り目」を正しく判断することができれば、人生をより良く生きることができます。しかし、「代り目」を正しく判断することができなければ、人生は苦しいものになってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました