「恋の時間」ってどんなドラマ?

スポンサーリンク

「恋の時間」ってどんなドラマ?

恋の時間とは。

「恋の時間」とは、2005年10月から12月までTBS系列で放映された日本のテレビドラマです。全10回のこのドラマは、吉田紀子氏が脚本を務め、千住明氏が音楽を担当しました。黒木瞳、大塚寧々、宮迫博之、大森南朋などが出演し、対照的な性格の姉妹の恋愛を描いています。

対照的な性格の姉妹の恋愛ドラマ

対照的な性格の姉妹の恋愛ドラマ

「対照的な性格の姉妹の恋愛ドラマ」

「恋の時間」は、対照的な性格の姉妹の恋愛模様を描いたドラマです。姉の響子は、真面目で責任感の強い性格。妹の雫は、奔放で自由奔放な性格です。響子は、会社の先輩である涼介と、雫は、高校の同級生である健太郎と、それぞれ恋愛関係になります。しかし、2人の恋愛は、順風満帆ではありません。響子は、涼介の浮気を知ってしまい、雫は、健太郎の暴力に悩まされます。2人は、それぞれに悩みを抱えながら、恋愛を続けていきます。

そんな中、響子は、涼介と別れる決意をします。雫も、健太郎と別れる決意をします。2人は、お互いに支え合いながら、新しい人生を歩み始めます。響子は、新しい会社に就職し、雫は、大学に進学します。2人は、それぞれに新しい恋を見つけて、幸せになっていきます。

「恋の時間」は、対照的な性格の姉妹の恋愛模様を描いたドラマです。2人は、それぞれに悩みを抱えながら、恋愛を続けていきますが、最終的には、幸せになっていきます。このドラマは、恋愛の楽しさや苦しさ、そして、姉妹の絆の大切さを描いた作品です。

黒木瞳と大塚寧々が姉妹役で共演

黒木瞳と大塚寧々が姉妹役で共演

黒木瞳と大塚寧々が姉妹役で共演

ドラマ「恋の時間」の大きな見どころのひとつは、黒木瞳と大塚寧々が姉妹役で共演することだ。黒木瞳は姉の真央を、大塚寧々は妹の美咲を演じている。真央は夫と2人の子供を持つ主婦で、美咲は独身のキャリアウーマンという設定だ。正反対の性格の姉妹が、お互いの悩みを打ち明け合ったり、支え合ったりする姿が描かれる。

黒木瞳と大塚寧々は、ともに演技力に定評のある女優である。黒木瞳は、映画「失楽園」やドラマ「家政婦のミタ」など、数々の話題作に出演してきたベテラン女優だ。大塚寧々は、映画「スワロウテイル」やドラマ「白夜行」などに出演し、その演技力で高い評価を得ている。

そんな2人が姉妹役で共演する「恋の時間」は、見逃せないドラマと言えそうだ。果たして黒木瞳と大塚寧々は、どのような姉妹を演じるのだろうか。ドラマの放送が待ち遠しい。

脚本は吉田紀子、音楽は千住明

脚本は吉田紀子、音楽は千住明

脚本は吉田紀子、音楽は千住明

「恋の時間」の脚本は、数々のヒットドラマを手掛けてきた吉田紀子が担当しています。吉田紀子は、1964年生まれの脚本家で、1997年に「理想の結婚」で脚本家としてデビューしました。その後、「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」「のだめカンタービレ」など、多くのヒットドラマを手がけています。吉田紀子の脚本は、登場人物の心情を丁寧に描きつつ、テンポの良いストーリー展開が特徴です。

「恋の時間」の音楽は、千住明が担当しています。千住明は、1960年生まれの作曲家で、1987年に「彼のオートバイ、彼女の島」で日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞しました。その後、「シコふんじゃった。」「Shall we ダンス?」「千と千尋の神隠し」など、多くの映画やドラマの音楽を手掛けています。千住明の音楽は、叙情的なメロディーと、繊細な音使いが特徴です。

吉田紀子の脚本と千住明の音楽が融合した「恋の時間」は、大人のラブストーリーにふさわしい、美しく切ないドラマとなっています。

タイトルとURLをコピーしました