「ぼくの村の話」とは?三里塚闘争の農民側の視点を描いた漫画

スポンサーリンク

「ぼくの村の話」とは?三里塚闘争の農民側の視点を描いた漫画

ぼくの村の話とは。

ぼくの村の話とは、尾瀬あきらによって描かれた漫画作品。成田空港の建設に伴って何年も続いた三里塚闘争を、農民の視点から描いたストーリー。1992年から1993年の間に、雑誌『モーニング』に連載。講談社モーニングKCより全7巻が発行された。

「ぼくの村の話」のあらすじ

「ぼくの村の話」のあらすじ

「ぼくの村の話」は、1960年代後半から千葉県成田市の三里塚で起こった三里塚闘争を、農民側の視点から描いた漫画です。作者は、三里塚闘争を取材した経験を持つ漫画家の小池一夫さんです。

「ぼくの村の話」は、農民たちが空港建設のために土地を強制収用され、それに反対して立ち上がる様子を描いています。農民たちは、団結して空港建設を阻止するために闘いますが、政府や警察は弾圧を強めます。農民たちは、逮捕されたり、暴力を振るわれたりしながらも、闘い続けます。

「ぼくの村の話」は、三里塚闘争の農民たちの姿を通して、土地を守るために闘うことの大切さや、権力に立ち向かうことの難しさを伝えています。また、農村の暮らしや文化も丁寧に描かれており、三里塚闘争の背景にある日本の社会の変化も知ることができます。

「ぼくの村の話」の登場人物

「ぼくの村の話」の登場人物

「ぼくの村の話」の登場人物

「ぼくの村の話」の主人公は、三里塚闘争に巻き込まれた農家の一家の息子である「ぼく」です。「ぼく」は、農家の暮らしや三里塚闘争の様子を、子供らしい視点で語っています。また、「ぼく」の家族や村の人々も、それぞれに特徴があり、三里塚闘争に翻弄される姿が描かれています。

「ぼく」の家族には、両親や祖母、姉や弟がいます。父は、農民組合の活動家で、三里塚闘争の先頭に立っています。母は、夫の活動を支えながら、家事や育児に奮闘しています。祖母は、先祖代々受け継いできた土地を守るために、必死に抵抗しています。姉と弟は、三里塚闘争の影響を受けながらも、懸命に生きています。

村の人々もまた、三里塚闘争に翻弄されています。村長は、反対派のリーダーとして、農民組合と激しく対立しています。地主は、自分の土地を空港建設のために提供し、農民組合と敵対しています。商店主は、三里塚闘争の影響で、商売が立ち行かなくなって苦しんでいます。

「ぼくの村の話」の登場人物たちは、三里塚闘争に翻弄されながらも、必死に生き抜いています。彼らの姿は、三里塚闘争の悲惨さを伝えるとともに、農民たちのたくましさや団結力を示しています。

「ぼくの村の話」の魅力

「ぼくの村の話」の魅力

「ぼくの村の話」は、三里塚闘争を農民の視点から描いた漫画で、1972年から1984年まで連載されました。作者である小林よしのりは、この作品で農民の苦悩や怒りをリアルに描き、三里塚闘争の世論形成に大きな役割を果たしました。

「ぼくの村の話」の魅力は、農民の視点から描いている点にあります。従来の報道では、三里塚闘争は過激派学生による暴動として扱われることが多く、農民の視点が軽視されていました。しかし、「ぼくの村の話」では、農民の生活や思いが丁寧に描かれており、三里塚闘争の真実を知ることができます。

また、「ぼくの村の話」は、農民の苦悩や怒りをリアルに描いている点も魅力です。三里塚闘争は、農民にとっては生活や家族を守るための闘いでした。小林よしのりは、農民の苦悩や怒りを丁寧に描き、三里塚闘争の悲惨さを世の中に知らしめました。

「ぼくの村の話」は、三里塚闘争を知るうえで必読の漫画です。農民の視点から描かれた作品であり、農民の苦悩や怒りをリアルに描いています。三里塚闘争の真実を知りたい人、農民の視点を知りたい人にはぜひ読んでいただきたい作品です。

タイトルとURLをコピーしました