「資生堂グラフ」とは?

スポンサーリンク

「資生堂グラフ」とは?

資生堂グラフとは。

「資生堂グラフ」とは、資生堂が発行していた広報誌です。1933年6月に「資生堂月報」の後継として創刊されました。全50号が発行され、1937年に休刊となりました。後継誌は「花椿」です。

「資生堂グラフ」の歴史

「資生堂グラフ」の歴史

「資生堂グラフ」の歴史

「資生堂グラフ」は、資生堂が1918年から1962年まで発行していた月刊総合雑誌である。創刊当初は「資生堂化粧品月報」という名称だったが、1921年に「資生堂グラフ」に改題された。

「資生堂グラフ」は、創刊当初から資生堂の宣伝誌的な役割を担っていたが、次第に総合雑誌としての性格を強めていき、文化、芸能、社会問題など幅広い話題を取り上げるようになった。

「資生堂グラフ」は、特に女性読者の支持を集め、1930年には発行部数10万部を突破した。しかし、第二次世界大戦中は紙不足や検閲などの影響で発行が困難となり、1944年に一時休刊を余儀なくされた。

戦後は、「資生堂グラフ」は復刊を果たし、再び発行部数を伸ばした。しかし、1960年代に入ると、テレビの普及や週刊誌の台頭などによって、雑誌業界は厳しい競争にさらされるようになった。

「資生堂グラフ」もその影響を受け、1962年に廃刊となった。廃刊当時は、発行部数約70万部を誇っていた。

「資生堂グラフ」は、資生堂の宣伝誌としてスタートしたが、次第に総合雑誌としての性格を強めていき、女性読者の支持を集めた。しかし、テレビの普及や週刊誌の台頭などによって、雑誌業界は厳しい競争にさらされるようになり、「資生堂グラフ」は廃刊となった。

「資生堂グラフ」の特徴

「資生堂グラフ」の特徴

「資生堂グラフ」の特徴

「資生堂グラフ」は、資生堂株式会社が1916年から発行している月刊総合雑誌で、女性向けの人気雑誌として知られています。その特徴は、以下の通りです。

・女性を対象読者とした総合雑誌であること。
・女性に興味のある話題を幅広く取り上げていること。
・女性の生活に役立つ情報を提供していること。
・資生堂の化粧品や美容情報を掲載していること。

「資生堂グラフ」は、女性にとって有益な情報を提供する雑誌として、多くの読者を獲得しています。また、資生堂の化粧品や美容情報を掲載していることから、女性にとって美容の参考書としても役立っています。

「資生堂グラフ」は、女性向けの総合雑誌として、長く愛読されている雑誌です。今後も、女性に役立つ情報を提供し続け、女性に愛される雑誌であり続けるでしょう。

「資生堂グラフ」の功績

「資生堂グラフ」の功績

「資生堂グラフ」の功績

「資生堂グラフ」は、1919年に創刊された資生堂の広報誌です。当初は化粧品の宣伝を目的としていましたが、やがて文化や社会問題を取り上げるようになり、日本の近代化に大きな影響を与えました。

「資生堂グラフ」の功績として、まず挙げられるのは、日本の近代化に貢献したことでしょう。同誌は、新しいライフスタイルやファッションを紹介し、人々の意識を広げました。また、文化や社会問題を取り上げることで、人々の社会意識を高める役割も果たしました。

「資生堂グラフ」は、日本の近代化に貢献しただけでなく、日本の広告業界の発展にも大きな影響を与えました。同誌は、広告の新たな表現方法を模索し、日本の広告業界のレベルを向上させました。また、同誌に掲載された広告は、日本の広告史において重要な資料となっています。

「資生堂グラフ」は、日本の近代化と広告業界の発展に大きな貢献をした雑誌です。同誌は、日本の文化や社会に大きな影響を与え、日本の近代化を支えました。また、同誌に掲載された広告は、日本の広告史において重要な資料となっています。

タイトルとURLをコピーしました