「スネーク・コネクション」とは?

スポンサーリンク

「スネーク・コネクション」とは?

スネーク・コネクションとは。

「スネーク・コネクション」は、マイクル・クライトンの小説「毒蛇商人」のもう一つの日本語の題名です。

「スネーク・コネクション」のあらすじ

「スネーク・コネクション」のあらすじ

「スネーク・コネクション」のあらすじ

「スネーク・コネクション」は、1992年に公開されたアメリカの犯罪アクション映画です。マーティン・スコセッシが監督し、リチャード・プライスが脚本を担当しました。ニコラス・ケイジ、サミュエル・L・ジャクソン、ロバート・デ・ニーロが出演しました。
この映画は、麻薬密売組織に潜入した刑事と、その組織のボスであるスネークが繰り広げる攻防を描いています。ケイジは、麻薬密売組織に潜入した刑事、フランク・サーピコを演じ、ジャクソンは、スネークの右腕であるジョン・コフィを演じ、デ・ニーロは、スネークを演じました。
この映画は、公開当時、批評家から高い評価を受けました。ケイジ、ジャクソン、デ・ニーロの演技が絶賛され、スコセッシの監督手腕も評価されました。この映画は、アカデミー賞において、作品賞、監督賞、主演男優賞(ケイジ)、助演男優賞(ジャクソン)の4部門にノミネートされました。

「スネーク・コネクション」の登場人物

「スネーク・コネクション」の登場人物

「スネーク・コネクション」の登場人物

「スネーク・コネクション」には、個性的で魅力的なキャラクターが数多く登場します。主人公であるスネーク・アイズは、香港で活動するアメリカ人の元特殊部隊員です。彼は、格闘技の実力と冷酷なまでの冷静さを兼ね備えた凄腕の殺し屋として知られています。

スネーク・アイズの相棒であるスカーレットは、ニューヨーク市警でキャリアを積んだ女性警官です。彼女は、射撃の腕前と鋭い洞察力を武器に、組織犯罪を捜査しています。

スネーク・アイズとスカーレットは、組織犯罪組織「ザ・ハンド」の野望を阻止するために共闘します。ザ・ハンドは、世界を支配するために、様々な犯罪行為を企んでいます。

ザ・ハンドの首領であるストーム・シャドウは、スネーク・アイズの宿敵です。彼は、スネーク・アイズと同じく、格闘技の実力と冷酷なまでの冷静さを兼ね備えた凄腕の殺し屋です。

ストーム・シャドウは、ザ・ハンドのために、さまざまな犯罪行為を実行します。スネーク・アイズとスカーレットは、ストーム・シャドウの野望を阻止するために、死闘を繰り広げます。

「スネーク・コネクション」は、魅力的なキャラクターとスリリングな展開で人気の映画です。スネーク・アイズとスカーレットの活躍をぜひ劇場でご覧ください。

「スネーク・コネクション」の映画化

「スネーク・コネクション」の映画化

「スネーク・コネクション」の映画化

「スネーク・コネクション」の映画化は、2000年代初頭から計画されていた。当初、映画はジェラルド・バトラー主演で製作される予定だったが、後にジョン・トラボルタ主演に変更された。しかし、トラボルタも最終的に降板し、映画は製作中止となった。

映画化中止の理由は、いくつかの要因が考えられる。まず、映画の脚本が複雑で、映画化が困難だったという説がある。また、映画の製作費が高額だったという説もある。さらに、映画の題材が刺激的すぎて、映画会社が製作を躊躇したという説もある。

いずれにせよ、「スネーク・コネクション」の映画化は実現しなかった。しかし、この小説は今でも多くの読者から愛されており、いつか映画化されることを願うファンも多い。

タイトルとURLをコピーしました