「TV Taro」ってどんな雑誌?休刊の理由は?

スポンサーリンク

「TV Taro」ってどんな雑誌?休刊の理由は?

TVTaroとは。

TVTaroは、株式会社東京ニュース通信社が発行していたテレビ情報誌です。1ヵ月分のテレビ番組情報を掲載していました。毎月24日に発売され、2014年2月に休刊となりました。

「TV Taro」とは?

「TV Taro」とは?

「TV Taro」とは、1980年から2016年まで発行されていた、テレビ番組や芸能情報中心の週刊誌です。出版社は株式会社テレビライフ。毎週木曜日発売で、定価は450円(税込)でした。「TV Taro」は、テレビ番組の最新情報をいち早く掲載することで人気を集め、発行部数は100万部を超えることもありました。しかし、近年はテレビ離れが進み、雑誌の発行部数も減少。2016年12月22日号をもって休刊となりました。

「TV Taro」の休刊理由

「TV Taro」の休刊理由

「TV Taro」の休刊理由は、テレビ番組情報誌の市場の縮小が挙げられます。インターネットの普及により、テレビ番組情報はリアルタイムで入手できるようになり、テレビ番組情報誌を購入する人が減少しました。また、テレビ番組の視聴形態が多様化し、地上波テレビだけでなく、衛星放送、ケーブルテレビ、インターネット配信など、さまざまな媒体で番組を視聴できるようになりました。その結果、特定の媒体に依存したテレビ番組情報誌の需要が低下しました。

さらに、テレビ番組情報誌の市場には、他誌との競争も激化していました。「TV Taro」は、テレビ番組情報誌の老舗であり、長年にわたって読者から支持されていましたが、他誌も独自の特色を打ち出して読者獲得に努めていました。このような状況の中で、「TV Taro」は苦戦を強いられ、休刊に至りました。

「TV Taro」の思い出

「TV Taro」の思い出

「TV Taro」の思い出

「TV Taro」は、創刊から50年以上もの間、日本のテレビ文化を支え続けた雑誌でした。その内容は、テレビ番組の最新情報や出演者のインタビュー、テレビドラマや映画の特集など、テレビファンにとってまさに「バイブル」的な存在でした。また、「TV Taro」は、テレビ番組の批評やコラムも充実しており、テレビ番組を見る目を養うのにも役立つ雑誌でした。

「TV Taro」を購読していた人は、毎月発売日を心待ちにしていたことでしょう。そして、新しい号が届くと、まずは表紙を眺めて、気になる記事を探します。そして、記事を読み始めると、あっという間に時間が過ぎていきます。

「TV Taro」は、テレビ番組を見る楽しみを倍増させてくれる雑誌でした。また、テレビ番組についての知識を増やすのにも役立つ雑誌でした。そのため、多くの人々に愛され、親しまれてきました。

しかし、近年は、テレビ離れが進み、「TV Taro」の発行部数も減少していきました。そして、2020年3月、「TV Taro」はついに休刊してしまいました。

「TV Taro」の休刊は、テレビ文化の衰退を象徴していると言えます。しかし、「TV Taro」が築き上げてきたテレビ文化は、決して消えてなくなることはありません。これからも、多くの人々が「TV Taro」を懐かしみ、そして愛し続けることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました