暴れん坊将軍〈11〉とは?

スポンサーリンク

暴れん坊将軍〈11〉とは?

暴れん坊将軍〈11〉とは。

「暴れん坊将軍〈11〉」は、2001年7月から12月までテレビ朝日系列で放映された時代劇ドラマです。全19回で、脚本は井川公彦、音楽は菊池俊輔が担当しています。松平健、田村亮、松村雄基が出演しました。

暴れん坊将軍〈11〉の概要

暴れん坊将軍〈11〉の概要

暴れん坊将軍シリーズの第11作目となる「暴れん坊将軍〈11〉」は、1993年1月15日から12月17日まで、毎週金曜日20時から20時54分にテレビ朝日系で放送された。全48話。主演は松平健。

「暴れん坊将軍〈11〉」は、シリーズ初の48話放送作品であり、シリーズ通算第350話が放送された。

また、シリーズ初のハイビジョン制作作品でもあり、全話がハイビジョンで放送された。

「暴れん坊将軍〈11〉」のストーリーは、八代将軍徳川吉宗が江戸城西の丸で老中たちと政務を執りながら、庶民たちの暮らしを陰で見守っていくというもので、シリーズの他の作品と同様、吉宗の庶民的な性格と、正義感の強さが描かれている。

「暴れん坊将軍〈11〉」の主な登場人物は、吉宗(松平健)、お庭番の頭・四方之進(三浦浩一)、お庭番の源八(中田浩二)、お小姓の弥太郎(松崎しげる)、吉宗の側室のお菊(片平なぎさ)、柳沢吉保(西村晃)、田沼意次(根津甚八)、水野忠邦(市村正親)、堀田正亮(石坂浩二)、阿部正弘(北村総一朗)などである。

暴れん坊将軍〈11〉のあらすじ

暴れん坊将軍〈11〉のあらすじ

暴れん坊将軍〈11〉は、1983年10月14日から1984年3月30日までテレビ朝日系で毎週金曜20時00分から20時54分に放映された、松平健主演の時代劇シリーズ「暴れん坊将軍」の第11作である。

暴れん坊将軍〈11〉のあらすじは、江戸時代中期、八代将軍・徳川吉宗の治世下を描いたものである。吉宗は、将軍職を継いで以来、幕府の改革に尽力している。しかし、幕府の中には、吉宗の改革に反対する勢力も存在する。その代表格が、老中・柳沢吉保である。吉保は、吉宗の政策をことごとく妨害しようとする。

一方、吉宗は、改革を推進する仲間もいる。その代表格が、側用人・尾張大納言宗春である。宗春は、吉宗の忠実な臣下であり、吉宗の改革を全力で支援する。

吉宗は、吉保の妨害に遭いながらも、着々と改革を進めていく。そして、ついに、吉保を罷免することに成功する。吉保の罷免により、吉宗の改革は加速し、江戸は平和と繁栄を取り戻す。

暴れん坊将軍〈11〉のキャスト

暴れん坊将軍〈11〉のキャスト

「暴れん坊将軍」シリーズの11作目となる「暴れん坊将軍〈11〉」は、1990年から1991年にかけてテレビ朝日系で放送された時代劇ドラマです。松本清張原作の「返事はいらない」をベースにして、架空の将軍である徳川吉宗が江戸の街を舞台に活躍する物語です。

この作品では、徳川吉宗役を演じる松平健をはじめ、吉宗の側近である田沼意次役を演じる西郷輝彦、吉宗の正室であるお美代の方役を演じる三沢あけみなど、おなじみのキャストが出演しています。また、吉宗の娘である徳川和宮役を演じる松坂慶子や、吉宗の弟である徳川宗春役を演じる北大路欣也など、本作から新たに加わったキャストもいます。

タイトルとURLをコピーしました