「あぶさん」とは?大酒飲みの漫画チック野球人生

スポンサーリンク

「あぶさん」とは?大酒飲みの漫画チック野球人生

あぶさんとは。

「あぶさん」は、水島新司による漫画作品です。大酒飲みの大打者、景浦安武(かげうらやすたけ)、通称あぶさんの野球人生を描いています。高校卒業後、ドラフト外で南海ホークス(後の福岡ダイエーホークス、福岡ソフトバンクホークス)に入団し、62歳まで現役を続けました。引退後は指導者の道を歩んでいます。

2009年に現役を引退したときには、設定上の所属球団である福岡ソフトバンクホークスが実際に球場で引退セレモニーを催したことが話題となりました。

「あぶさん」は1973年から小学館「ビッグコミックオリジナル」で連載を開始し、2014年同誌の2月20日号にて連載を終了しました。連載年数は41年で、連載終了当時の日本のスポーツ漫画としては最長でした。小学館ビッグコミックス全107巻。第22回(1976年度)小学館漫画賞青年一般部門を受賞しています。

あぶさんの誕生

あぶさんの誕生

あぶさんの誕生

あぶさんこと景浦安武は、1973年に水島新司氏が週刊ベースボールで連載を開始した「あぶさん」の主人公である。あぶさんは、プロ野球の巨人に所属する野手であり、その豪快な打撃と大酒飲みとして知られている。

あぶさんは、1950年に東京都台東区谷中に生まれ、幼い頃から野球を始める。高校時代には甲子園に出場し、その後、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団する。あぶさんは、入団当初からその打撃センスをいかんなく発揮し、すぐにレギュラーの座を奪う。そして、1974年にはセ・リーグの新人王を獲得し、その後も数々のタイトルを獲得し、巨人の中心選手として活躍する。

あぶさんは、その豪快な打撃スタイルと大酒飲みとしてのキャラクターで人気を集め、漫画は大ヒット作となった。また、あぶさんには、個性豊かな登場人物がたくさん登場し、その掛け合いも人気を博した。

あぶさんは、1981年に現役を引退し、その後はコーチや解説者として野球界に貢献した。また、あぶさんは、その人気から様々なメディアに出演し、国民的なキャラクターとなった。

あぶさんの活躍

あぶさんの活躍

「あぶさんの活躍」

あぶさんは、野球漫画「ドカベン」の主人公・山田太郎の愛称。高校野球の名門校・明訓高校に入学し、1年生ながらレギュラーに定着。県大会では、1試合で3本塁打を放ち、「ドカベン」の愛称で全国にその名を轟かす。甲子園大会では、4番打者としてチームを優勝に導く。

大学進学後も、あぶさんはその豪快な打撃で活躍を続ける。大学4年時には、全国大会で優勝し、MVPに輝く。社会人野球でも、あぶさんはその活躍を続けた。チームの主軸打者として、都市対抗野球大会で優勝に貢献。また、日本代表として国際大会にも出場し、世界の強豪チームを相手に活躍した。

引退後は、指導者として野球界に貢献。社会人野球のチームを率いて、都市対抗野球大会で優勝に導いた。また、野球解説者としても活躍し、その鋭い分析で人気を集めた。

あぶさんは、日本の野球界を代表するスーパースターであり、その活躍は今も語り継がれている。

あぶさんの引退

あぶさんの引退

王貞治氏に「日本の漫画史に輝くながながと残る漫画」と言わしめた水島新司氏の大人気野球漫画「ドカベン」の続編的存在の「あぶさん」は、1983年から2013年まで、「ビッグコミックスピリッツ」で連載され、単行本は全131巻を誇る超長寿野球漫画です。

主人公の景浦安武(通称あぶさん)は、東京都板橋区出身。読売ジャイアンツに入団後、3000本安打を達成、首位打者7回、盗塁王7回、全セ8回など数々のタイトルを獲得するが、酒癖が悪く、強面から「モンスター」と呼ばれ、試合中のトラブルメーカーとして知られる。そんな安武が現役を引退する話は、物語のクライマックスに相応しく、読者の記憶に長く残るエピソードとして描かれています。

引退のきっかけとなったのは、巨人と中日の優勝を争う試合で大失態を犯したことでした。安武は、エラーで満塁のピンチを招き、さらに暴投でサヨナラ負けを喫してしまうのです。この失態をきっかけに、安武は自分の限界を感じ、引退を決意します。

引退後は、故郷の東京に戻り、バーを経営しながら、野球解説者として活動しています。安武は、引退後も変わらずお酒を愛し、豪快な性格で人々を魅了し続けています。

タイトルとURLをコピーしました