「キューティーハニーF」とは

スポンサーリンク

「キューティーハニーF」とは

キューティーハニーFとは。

キューティーハニーFとは、

①飯坂友佳子が作画、永井豪が原作・原案を務める漫画作品です。少女を意識したリメイク版として、『ちゃお』1997年~1998年に連載されました。小学館のフラワーコミックスちゃおから全4巻が刊行されています。1997年には、佐々木憲世監督による実写映画が公開されました。

②①を原作とした日本のテレビアニメです。テレビ朝日系列で1997年2月から1998年1月まで放映されました。制作は東映動画(現・東映アニメーション)です。声の出演は永野愛ほかです。

キューティーハニーFとは

キューティーハニーFとは

「キューティーハニーF」とは、永井豪の漫画『キューティーハニー』を原案としたオリジナルビデオアニメ(OVA)シリーズ。1997年から1998年にかけて、全6巻がOVAとして発売された。また、1999年から2000年にかけて、テレビ東京系列でテレビアニメが放送された。

キューティーハニーFとは、キューティーハニーの未来の姿を描いた作品である。原作のキューティーハニーは、1973年に放送されたテレビアニメ『キューティーハニー』の主人公である。キューティーハニーFは、その続編にあたる作品である。

キューティーハニーFの主人公は、キューティーハニーの娘である如月ハニーである。ハニーは、キューティーハニーと同じく、変身能力を持つアンドロイドである。ハニーは、父であるキューティーハニーの仇であるブラックパンサーを倒すために、戦いを挑む。

キューティーハニーFは、原作のキューティーハニーよりも、よりハードな作風となっている。原作のキューティーハニーは、コメディタッチの強い作品だったが、キューティーハニーFは、シリアスな作風となっている。また、キューティーハニーFには、原作のキューティーハニーには登場しなかったキャラクターが登場している。

キューティーハニーFのあらすじ

キューティーハニーFのあらすじ

「キューティーハニーF」のあらすじ

「キューティーハニーF」は、1973年に放送された特撮テレビドラマ「キューティーハニー」のリメイク作品です。2004年にテレビ朝日系列で放送されました。

主人公は、アンドロイドのハニー。彼女は、世界征服を企む秘密結社「パンサークロー」と戦い、人々を守るために戦う。ハニーは、強力な武器である「ハニーフラッシュ」と「ハニーショット」を使い、敵と戦う。

物語は、ハニーがパンサークローの基地を襲撃するところから始まる。彼女は、そこでパンサークローの首領であるブラックパンサーと対決する。ブラックパンサーは、ハニーを圧倒するが、ハニーはハニーフラッシュでブラックパンサーを倒す。

その後、ハニーはパンサークローの残党を追跡する。彼女は、パンサークローの基地を次々と襲撃し、残党を倒していく。しかし、パンサークローは不死身の戦士「アイアンクロー」を送り込んでくる。アイアンクローは、ハニーを苦しめるが、ハニーはハニーショットでアイアンクローを倒す。

最後に、ハニーはパンサークローの首領であるブラックパンサーと再対決する。ブラックパンサーは、ハニーを圧倒するが、ハニーはハニーフラッシュでブラックパンサーを倒す。これで、パンサークローは壊滅し、世界は平和を取り戻す。

キューティーハニーFの登場人物

キューティーハニーFの登場人物

-「キューティーハニーF」の登場人物-

「キューティーハニーF」には、様々なキャラクターが登場します。主人公は如月ハニーで、彼女はキサラギ博士によって生み出されたアンドロイドです。ハニーは、正義のヒーローとして戦うために、サイボーグに変身することができます。

ハニーの仲間には、如月冴子、如月隼人、瀬川マリナの3人がいます。冴子はハニーの姉で、天才科学者です。隼人はハニーの弟で、正義感が強い少年です。マリナはハニーの親友で、明るく元気な少女です。

ハニーの敵には、闇の組織「パンサークロー」があります。パンサークローは、世界征服を企む悪の組織で、様々な怪人を送り込んでハニーを倒そうとします。パンサークローの首領は、ジゴク大元帥です。ジゴク大元帥は、強力なサイボーグであり、ハニーにとって手ごわい敵です。

「キューティーハニーF」は、正義のヒロインであるハニーと、悪の組織であるパンサークローとの戦いを描いた作品です。ハニーたちは、仲間たちと協力して、パンサークローの野望を阻止するために戦います。

タイトルとURLをコピーしました