「アフリカ横断飛行」とは?

スポンサーリンク

「アフリカ横断飛行」とは?

アフリカ横断飛行とは。

・ジュール・ヴェルヌ原作の『気球に乗って五週間』は、アフリカ横断飛行という邦題でも知られています。

原題は『気球に乗って五週間』

原題は『気球に乗って五週間』

「気球に乗って五週間」は、フランスの作家ジュール・ヴェルヌが1863年に発表した長編小説です。原題は「Cinq Semaines en Ballon」で、英語圏では「Five Weeks in a Balloon」として知られています。

この小説は、アフリカ大陸を気球で横断する冒険を描いたもので、当時の読者に大きな衝撃を与えました。主人公は、イギリス人冒険家のハリー・ファーガスンと、彼の友人である博物学者のジョー・ケネディ、そして彼らの使用人ジョーという気球乗りです。

彼らは、アフリカ大陸の東海岸のザンジバル島から出発し、西海岸のセネガルを目指して飛行を開始します。途中、広大なサバンナ、密林、砂漠など、さまざまなアフリカの風景を目撃し、ライオンやゾウ、サイなど、さまざまな動物たちと遭遇します。

また、さまざまな現地の人々と出会い、彼らの文化や生活に触れることになります。そして、ついに彼らは、セネガルに無事に到着し、アフリカ横断飛行を成功させます。

「気球に乗って五週間」は、冒険小説の傑作として現在も世界中で読み継がれています。また、この小説は、映画やテレビドラマなどの映像作品にも何度も翻案されており、人々に愛され続けています。

ジュール・ヴェルヌが1863年に発表した冒険小説

ジュール・ヴェルヌが1863年に発表した冒険小説

「ジュール・ヴェルヌが1863年に発表した冒険小説」

1863年にジュール・ヴェルヌによって発表された冒険小説があります。その名は「気球に乗って五週間」。ストーリーは、アフリカ大陸を気球で横断するという壮大な冒険を描いています。この物語は、当時としては画期的なもので、多くの読者を魅了しました。

ヴェルヌは、この小説の中で、気球の仕組みや、アフリカ大陸の地理を詳細に描写しています。また、主人公たちの冒険をスリリングに描き、読者を飽きさせません。この小説は、後に多くの映画やテレビドラマに翻案され、今でも世界中の人々に愛されています。

この小説は、単なる冒険小説ではありません。ヴェルヌは、この作品の中で、科学技術の進歩を称賛し、人類の未来に希望を持っていました。また、アフリカ大陸の自然や文化を賛美し、人種差別を批判しています。この小説は、ヴェルヌの博識さと人間愛が溢れる傑作です。

アフリカ大陸を気球で横断する物語

アフリカ大陸を気球で横断する物語

アフリカ大陸を気球で横断する物語

1969年、ナイジェリアの飛行家、アクバ・ババ・タルバは、アフリカ大陸を気球で横断するという前代未聞の冒険を計画した。彼は、気球に乗って、モロッコから南アフリカまで、約1万6000キロの距離を飛ぶことを目指した。

タルバは、気球の設計と製作に3年を費やした。彼は、気球を軽量化するために、特殊な素材を使用し、また、気球を操縦するための独自の装置を開発した。

1973年、タルバは、ついにモロッコから気球に乗って飛び立った。彼は、順調に飛行を続け、アフリカ大陸の西海岸に沿って南下した。しかし、サハラ砂漠上空を飛行中に、気球が気流に巻き込まれて、砂漠の真ん中に不時着した。

タルバは、不時着後、すぐに救援隊によって救出された。彼は、気球の横断飛行を成功させることはできなかったが、彼の冒険は、世界中の人々に大きな感動を与えた。

タルバの冒険は、アフリカ大陸の美しさと広大さを世に知らしめ、また、人間の可能性の限界を押し広げた。彼の冒険は、今日でも、多くの人々に語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました