みどりいろのたねとは?

スポンサーリンク

みどりいろのたねとは?

みどりいろのたねとは。

みどりいろのたねは、1988年に高楼方子と太田大八によって刊行された絵本です。

みどりいろのたね あらすじ

みどりいろのたね あらすじ

みどりいろのたね あらすじ

みどりいろのたねとは、日本の児童文学作家である椋鳩十による短編小説です。1959年(昭和34年)に初めて出版され、その後、多くの言語に翻訳されて世界中で愛されています。

この物語は、日本の田舎町に住む少年、哲夫と、彼が出会った魔法の種子であるみどりいろのたねの冒険を描いています。哲夫は、ある日、森の中でこの不思議な種子を見つけ、それを植えて育て始めます。すると、種子はどんどん成長し、やがて緑色の葉と大きな花を咲かせます。

この花は、見る人の心を癒す魔法の力を持っていました。哲夫は、この花の力を利用して、病気の人々を助けたり、争いを解決したりしていきます。しかし、やがて、この花の力が強くなりすぎて、哲夫はそれを制御できなくなってしまいます。

哲夫は、花の力を抑えるために、森の奥深くへと旅立ちます。そして、そこで、花の秘密を解き明かし、それを制御する方法を見つけます。哲夫は、花の力を抑えることに成功し、再び平和な生活を送ることができるようになりました。

みどりいろのたねは、自然の力と人間の心の大切さを描いた感動的な物語です。この物語は、多くの人々に愛され、世界中で読み継がれています。

みどりいろのたね 登場人物

みどりいろのたね 登場人物

みどりいろのたね 登場人物

みどりいろのたねの主人公は、小学5年生の女の子、小笠原みどりです。みどりは、明るい性格で、友達思いで、いつも元気に学校生活を送っています。ある日、みどりは、不思議な緑色の種を見つけます。その種を植えると、大きな木に成長し、その木には、不思議な力を持った実がなります。みどりは、その実を食べてしまい、不思議な力を持つようになります。

みどりの幼なじみで、親友の男の子、吉永翔太です。翔太は、落ち着いていて、物事を冷静に判断する性格です。みどりが、不思議な力を持つようになってからは、みどりのことを心配し、いつも支えています。

みどりのクラスメイトで、いじわるな女の子、山田花子です。花子は、みどりのことをいつもライバル視していて、何かと意地悪をしてきます。みどりが、不思議な力を持つようになってからは、花子は、みどりのことをさらに敵視するようになります。

みどりが、通う学校の先生、田中太郎です。田中先生は、優しい性格で、生徒思いの先生です。みどりが、不思議な力を持つようになってからは、田中先生は、みどりのことを心配し、いつもアドバイスをしてくれます。

みどりの両親、小笠原太郎と小笠原花子です。太郎は、サラリーマンで、花子は、専業主婦です。太郎と花子は、みどりのことをいつも心配しています。みどりが、不思議な力を持つようになってからは、太郎と花子は、みどりのことをさらに心配するようになります。

みどりいろのたね 作者について

みどりいろのたね 作者について

-みどりいろのたね 作者について-

『みどりいろのたね』は、長谷川摂子氏によって書かれた児童文学作品です。長谷川氏は、1920年に東京で生まれ、女子美術専門学校を卒業後、画家として活躍しました。その後、児童文学作家に転身し、『みどりいろのたね』をはじめ、数多くの作品を発表しました。

長谷川氏の作品は、自然や動物を題材にしたものが多く、『みどりいろのたね』もその一つです。この作品は、森に住む小さな種が、風に吹かれて旅に出るという物語です。種は、さまざまな動物や植物と出会いながら、やがて成長して大きな木になります。

長谷川氏の作品は、子どもたちに自然の美しさや大切さを伝えることを目的としており、『みどりいろのたね』もその例に漏れず、子どもたちに自然の大切さを伝えています。この作品は、1973年に出版されて以来、ロングセラーとなっています。

タイトルとURLをコピーしました