字訓とはなにか?

スポンサーリンク

字訓とはなにか?

字訓とは。

字訓は、1987年に平凡社から発行された白川静著の辞典です。この辞典は、古代の日本語がどの漢字で表されたかを検討し、和語の意味と語意識を探究しています。

古代の漢字と和語の関係

古代の漢字と和語の関係

古代の漢字と和語の関係

漢字が日本に伝わった当初、日本には独自の文字はありませんでした。そのため、漢字をそのまま借用して、日本語の音や意味を表記していました。これを「当て字」といいます。当て字には、漢字の音をそのまま借りて日本語の音を表記する「音読み」と、漢字の意味を借りて日本語の意味を表記する「訓読み」の2種類があります。

音読みは、漢字の音をそのまま借りて日本語の音を表記する読み方です。例えば、「人」という漢字は、音読みで「じん」と読みます。これは、漢字の「人」の音である「仁」をそのまま借りて、日本語の音である「じん」を表記したものです。

訓読みは、漢字の意味を借りて日本語の意味を表記する読み方です。例えば、「人」という漢字は、訓読みで「ひと」と読みます。これは、漢字の「人」の意味である「人間」を借りて、日本語の意味である「ひと」を表記したものです。

当て字は、漢字をそのまま借用して、日本語の音や意味を表記するものであり、音読みと訓読みの2種類があります。当て字は、漢字が日本に伝わった当初、日本には独自の文字がなかったため、漢字をそのまま借用して日本語を表記する必要があったことから生まれました。

白川静の研究

白川静の研究

白川静の研究

白川静は、日本の国語学者であり、甲骨文や金文などの漢字の研究で知られています。白川の研究は、漢字の成り立ちや意味を解明する上で、重要な貢献をしました。

白川は、漢字の成り立ちを絵画的な象形文字から説明しました。例えば、「山」という漢字は、山の形を表した象形文字であり、「木」という漢字は、木の形を表した象形文字です。白川は、漢字の成り立ちを絵画的な象形文字から説明することで、漢字の本来の意味を明らかにしました。

白川の研究は、漢字の成り立ちや意味を解明する上で、重要な貢献をしました。白川の研究によって、漢字の本来の意味が明らかにされ、漢字の文化的な背景を理解することができるようになりました。また、白川の研究は、漢字の教育にも大きな影響を与えました。白川の研究によって、漢字の成り立ちや意味を学ぶことが容易になり、漢字の教育がより効果的になりました。

字訓の重要性

字訓の重要性

-字訓の重要性-

字訓は、漢字の読み方を示すものであり、日本語を理解し、正しく読み書きするためには欠かせないものです。字訓には、音読みと訓読みの2種類があり、音読みは漢字の本来の音を日本語風に読み下したものです。訓読みは、漢字の意味を日本語で言い表したもので、漢字が日本で使用されるようになった際に、その漢字の意味に合った日本語の音を当てたものです。

字訓は、日本語の語彙を増やし、文章をより豊かにするためにも重要です。例えば、「花」という漢字には、「はな」という訓読みがありますが、この訓読みがあることによって、花の種類を区別することができるようになります。「さくら」、「ばら」、「ひまわり」など、それぞれの花の名前は、漢字の訓読みによって当てられています。

また、字訓は、漢字の意味を理解するためにも重要です。例えば、「愛」という漢字には、「あい」という訓読みがありますが、この訓読みがあることによって、「愛」という漢字が「愛情」という意味であることを理解することができます。

字訓は、日本語を理解し、正しく読み書きするためには欠かせないものです。字訓を正しく理解することで、日本語の語彙を増やし、文章をより豊かにすることができます。また、字訓を正しく理解することで、漢字の意味を理解することもできます。

タイトルとURLをコピーしました