「メトセラの子ら」ってどんな本?

スポンサーリンク

「メトセラの子ら」ってどんな本?

メトセラの子らとは。

メトセラの子らとは、アメリカ合衆国の作家ロバート・A・ハインラインが1958年に発表した長編SF小説です。原題は《Methuselah’s Children》です。

物語の概要

物語の概要

「メトセラの子ら」は、ロバート・A・ハインラインによる1958年のSF小説です。人類は寿命を延ばす薬を開発し、平均寿命を200歳まで伸ばすことに成功しました。この薬は「メトセラ」と呼ばれ、メトセラの子らは、この薬を投与された人々のことです。

メトセラの子らは、通常の寿命の人々と比べて、より知性が高く、身体能力にも優れています。また、老化の過程も遅く、見た目は若いままです。しかし、彼らは不老不死ではなく、最終的には死を迎えます。

この小説は、メトセラの子らと、通常の寿命の人々との間の葛藤を描いています。メトセラの子らは、自分たちの方が優れていると考えるようになり、通常の寿命の人々を軽視するようになります。一方、通常の寿命の人々は、メトセラの子らを恐れ、敵視するようになります。

この小説は、長寿化がもたらす社会的、倫理的な問題を提起しています。また、人間の本質とは何か、という問いも投げかけています。

登場人物の特徴

登場人物の特徴

「メトセラの子ら」の登場人物は、それぞれユニークな特徴を持っています。主人公のメトセラは、969歳という長寿を保ち、聖書に登場する人物と同一視されています。彼は、神から与えられた予知能力を使って、人類の未来を予言し、人々を導いていきます。

彼の妻である エリシャは、メトセラを支える賢明な女性です。彼女は、メトセラの予言を理解し、その意味を人々に伝える役割を担っています。また、メトセラの息子であるノアは、敬虔で正直な青年です。彼は、メトセラから神の教えを受け継ぎ、新しい世界を築くという使命を託されます。

登場人物の個性は、物語の中で重要な役割を果たしています。メトセラの予知能力は、人類の未来を決定づける重要な要素となります。エリシャの知恵は、メトセラの予言を解き明かし、人々に希望を与えることに役立ちます。そして、ノアの敬虔さは、新しい世界を築くという使命を全うするために必要な資質です。

「メトセラの子ら」は、個性豊かな登場人物たちが織り成す壮大な物語です。彼らの特徴は、物語に深みを与え、読者を惹きつけます。

作品のメッセージ

作品のメッセージ

「メトセラの子ら」は、生物学者のロバート・A・ハインラインが1941年に発表したSF小説です。この作品は、主人公のラザルス・ロングが何千年もの間生き続け、宇宙を旅して様々な文明を目撃する物語です。

この作品は、人間の可能性と技術の進歩について考察しています。主人公のラザルス・ロングは、何千年もの間生き続けることができ、宇宙を旅して様々な文明を目撃します。彼は、人類が様々な技術を開発し、宇宙を旅するまでになったことを目の当たりにします。しかし、彼はまた、人類が戦争や環境破壊など、様々な問題に直面していることも目の当たりにします。

この作品は、人類が直面している問題を解決するために、技術の進歩が重要であるというメッセージを伝えています。ラザルス・ロングは、技術の進歩によって、人類は戦争や環境破壊などの問題を解決することができ、より良い社会を築くことができると信じています。

また、この作品は、人間には無限の可能性があるというメッセージも伝えています。ラザルス・ロングは、何千年もの間生き続け、宇宙を旅して様々な文明を目撃します。彼は、人間には無限の可能性があり、宇宙を旅し、他の惑星に住むこともできると信じています。

タイトルとURLをコピーしました