「出直しといで!」とは?

スポンサーリンク

「出直しといで!」とは?

出直しといで!とは。

「出直しといで!」は、一色まことが描いた漫画です。高校の女子バスケットボール部に所属する主人公とその仲間たちの学校生活を描いた学園コメディです。1987年から1992年まで「ビッグコミックスピリッツ」で連載され、最終的に小学館ビッグコミックス全6巻になりました。

「出直しといで!」の概要

「出直しといで!」の概要

「出直しといで!」の概要

「出直しといで!」は、1955年に公開された日本映画である。東宝製作、森繁久彌主演。監督は青柳信雄、脚本は八住利雄、森繁久彌、青柳信雄である。

この映画は、森繁久彌演じるサラリーマン・山田太郎が、会社の不祥事に巻き込まれ、上司から「出直しといで!」と言われ、田舎に帰郷する物語である。山田は、田舎で様々な人と出会い、人生について考え直すことになる。

「出直しといで!」は、サラリーマンの生き方や、家族の絆を描いた作品である。森繁久彌の軽妙な演技と、田舎の美しい風景が印象的な作品である。

「出直しといで!」は、公開当時、大きなヒットを記録した。また、この映画は、キネマ旬報ベスト・テン第8位、毎日映画コンクール主演男優賞(森繁久彌)など、数々の賞を受賞した。

「出直しといで!」の登場人物

「出直しといで!」の登場人物

「出直しといで!」の登場人物

「出直しといで!」に登場する主要な登場人物は、以下の通りです。

1. 市川市衛門(中村勘九郎)
主人公。魚屋を営む若旦那。明るくお調子者だが、面倒見が良く、人情味あふれる性格。

2. お栄(波瑠)
市川市衛門の妻。しっかり者で、市川市衛門を支える良妻賢母。

3. 市川松五郎(岸部一徳)
市川市衛門の父。魚屋の主人。頑固で口やかましいが、息子を愛する親バカ。

4. お光(松坂慶子)
市川市衛門の母。お栄を優しく迎え入れ、市川家のために尽くす。

5. 八百屋のおかみ(木野花)
市川家の隣の八百屋を営むおかみ。お栄と仲が良く、市川家の世話をする。

6. 芸者のおとら(中村七之助)
市川市衛門が贔屓にする芸者。気立てがよく、市川市衛門をからかうのが好き。

7. 呉服屋の徳兵衛(西村まさ彦)
市川家の呉服屋。市川家とは長い付き合いがあり、市川市衛門を気にかけている。

8. 番頭の小助(中川大志)
市川家の番頭。市川市衛門を尊敬しており、忠実に仕える。

「出直しといで!」の舞台

「出直しといで!」の舞台

「出直しといで!」の舞台は、江戸時代のある村です。村には、庄屋である権八という男がいて、村人たちは彼に頭が上がらない状態でした。権八は、村人たちに重税を課したり、無理な労働をさせたりしていました。村人たちは、権八のやり方に不満を持っていましたが、権八の権力に屈服していました。

そんなある日、村に一人の旅人がやって来ました。旅人は、権八のやり方を聞いて、村人たちに立ち上がるように呼びかけました。旅人は、権八のやり方は間違っていて、村人たちが団結すれば権八を倒すことができると説きました。村人たちは、旅人の言葉に勇気づけられ、権八に立ち向かう決意をしました。

村人たちは、権八の屋敷に押し掛け、権八に抗議しました。権八は、村人たちの抗議に驚き、村人たちに謝罪しました。権八は、村人たちに二度と重税を課したり、無理な労働をさせたりしないと約束しました。村人たちは、権八の約束を信じ、権八を許しました。

旅人は、村人たちの勝利を喜び、村を去りました。村人たちは、旅人に感謝し、旅を見送りました。村人たちは、旅人のおかげで権八を倒すことができ、平和な生活を取り戻すことができました。

タイトルとURLをコピーしました