『新参者』とは?

スポンサーリンク

『新参者』とは?

新参者とは。

「新参者は、①作家・東野圭吾氏が手掛けた傑作推理小説。刑事加賀恭一郎を主人公とする人気のシリーズ第8弾。東京・日本橋を舞台に、9つの短編からなる連作形式のミステリー。2009年に出版され、2010年の週刊文春ミステリーベスト10と「このミステリーがすごい!」の両方で1位に輝いた。②①を原作としたテレビドラマがTBS系列で放送された。2010年4月から6月にかけて全10話で放映。脚本は牧野圭祐氏と真野勝成氏、音楽は菅野祐悟氏が担当。阿部寛氏、黒木メイサ氏、原田美枝子氏らが主要キャストを務めた。」

『新参者』の概要

『新参者』の概要

『新参者』とは、横溝正史の推理小説であり、日本の警察に端を発する犯罪組織の暗躍を扱った連作ミステリーである。

主人公は加賀恭一郎という警視庁捜査一課の刑事である。加賀は、東京の日本橋に引っ越してきたばかりの新参者であり、東京の地理や習慣に詳しくない。しかし、加賀は鋭い洞察力と推理力で事件を解決していく。

『新参者』は、2009年にTBS系でテレビドラマ化され、2010年に映画化された。テレビドラマ版は平均視聴率16.7%、映画版は興行収入24億円を記録するなど、大きな人気を博した。

原作の『新参者』について

原作の『新参者』について

「新参者」は、東野圭吾による警察小説で、2009年に小学館から刊行されました。同年に、阿部寛主演でテレビドラマ化され、2010年には映画化もされました。

原作の「新参者」は、警視庁捜査一課の加賀恭一郎が、東京・日本橋の老舗料亭「加賀屋」の跡取り息子である浅野竜一を殺害した容疑で逮捕された事件を捜査する物語です。加賀は、浅野が殺害された直前に、加賀屋を訪れていたことを突き止めますが、浅野との接点はなかったと証言します。加賀は、浅野の殺害事件を捜査する中で、加賀屋を取り巻く様々な人間関係や、浅野の過去を知ることになります。

「新参者」は、警察小説でありながら、人間ドラマとしても楽しめる作品です。加賀恭一郎の人間味溢れるキャラクターや、加賀屋を取り巻く人間関係が巧みに描かれています。また、浅野の過去を巡るミステリーも、読者を最後まで飽きさせません。

「新参者」は、東野圭吾の代表作のひとつであり、多くの読者に愛されています。2009年には、第134回直木賞を受賞しました。

ドラマ版の『新参者』について

ドラマ版の『新参者』について

ドラマ版の『新参者』は、2010年にTBS系列で放送された連続ドラマです。主演は阿部寛で、新参者の刑事・加賀恭一郎を演じました。原作は東野圭吾の小説『新参者』で、ドラマ版では原作のストーリーを忠実に再現しています。

ドラマ版の『新参者』は、東京都内を舞台に、加賀恭一郎が様々な事件を解決していくという内容です。加賀は、事件の捜査を通じて、被害者や容疑者の背景にある人間模様を知っていきます。そして、事件の真相を解明するとともに、被害者や容疑者の心に寄り添うことで、彼らの救済を図っていきます。

ドラマ版の『新参者』は、阿部寛の熱演や、原作を忠実に再現したストーリー展開が高く評価され、大きな話題となりました。また、ドラマの舞台となった東京都内各地の風景も美しく描かれており、視聴者から好評を博しました。

ドラマ版の『新参者』は、阿部寛の代表作の一つであり、現在でも多くの人々に愛されています。また、ドラマ版の成功を受けて、2013年には映画版の『新参者』も公開されました。

タイトルとURLをコピーしました