ソノラマノベルスとは?

スポンサーリンク

ソノラマノベルスとは?

ソノラマノベルスとは。

「ソノラマノベルス」は、朝日新聞出版が刊行しているノベルスレーベルです。2007年に廃業した朝日ソノラマが刊行していた「ソノラマ文庫」の刊行権を引き継ぎ、2008年から朝日新聞出版が刊行しています。

ソノラマノベルスの歴史

ソノラマノベルスの歴史

-ソノラマノベルスの歴史-

ソノラマノベルスは、1959年に秋元書房から刊行された「五番町夕霧楼」を皮切りに、1980年代後半まで刊行された日本の大衆小説レーベルである。当初は主に貸本向けに出版されていたが、1960年代後半から一般書店流通も開始し、多くの人気作家を輩出した。

ソノラマノベルスの特徴は、幅広いジャンルの作品を扱っていることである。ミステリー、アクション、恋愛、SF、時代劇など、あらゆるジャンルの作品が出版されていた。また、大衆小説でありながら、文芸性が高い作品も少なくなかった。これは、秋元書房が文芸雑誌「新潮」を発行していたこともあり、文芸作家がソノラマノベルスに作品を発表することが多かったためである。

ソノラマノベルスは、1970年代に最盛期を迎え、年間1000冊以上もの作品が出版された。また、ソノラマノベルスでデビューした作家の中には、後に文壇で活躍するようになった者も少なくなかった。代表的な作家としては、野坂昭如、椎名誠、赤川次郎、藤本義一、夏樹静子などがあげられる。

1980年代後半になると、ソノラマノベルスのブームは下火となり、出版点数も減少していった。これは、貸本屋の衰退や、文芸誌の隆盛など、さまざまな要因が考えられる。それでも、ソノラマノベルスは現在でも一部の出版社から刊行されており、根強い人気を保っている。

ソノラマノベルスの特徴

ソノラマノベルスの特徴

-ソノラマノベルスの特徴-

ソノラマノベルスは、1968年から1994年まで朝日ソノラマが刊行していたノベルスレーベルである。創刊号は筒井康隆の『みじかくも美しく燃え』、最終号は榊一郎の『九龍城砦夜曲』。1974年に創刊された角川文庫に対抗して立ち上げられたレーベルであり、SF、ミステリ、ホラー、冒険、恋愛小説など様々なジャンルの作品を刊行した。

ソノラマノベルスの特徴は、まずその低価格である。創刊当時は1冊100円、その後も150円、200円と、他のノベルスレーベルに比べてかなり安価で販売されていた。このため、学生や若い読者層に人気を博した。

もう一つの特徴は、その斬新な表紙デザインである。ソノラマノベルスの表紙は、イラストレーターや写真家による描き下ろしが多く、そのどれもが非常にスタイリッシュで目を引くものばかりであった。このため、ソノラマノベルスは「表紙買い」をする読者も多かった。

また、ソノラマノベルスは、新人作家の登竜門としても機能した。筒井康隆、星新一、小松左京、眉村卓、矢作俊彦、森村誠一、都筑道夫、野坂昭如、山田風太郎など、後に大作家となった作家たちが、ソノラマノベルスでデビューしている。

ソノラマノベルスは、1994年に朝日ソノラマの倒産とともに廃刊となったが、その影響は現在でも続いている。ソノラマノベルスでデビューした作家たちは、その後も第一線で活躍しており、ソノラマノベルスで刊行された作品の中には、今もなお読み継がれているものも多い。

ソノラマノベルスの代表作

ソノラマノベルスの代表作

-ソノラマノベルスとは?-

ソノラマノベルスとは、朝日ソノラマが刊行していた小説レーベルです。1972年に創刊し、1996年に休刊しました。SF、ホラー、ミステリー、アクションなど、様々なジャンルの小説を刊行していました。

-ソノラマノベルスの代表作-

ソノラマノベルスは、多くの名作を世に送り出しました。その中でも、特に有名な作品をいくつか紹介します。

* 『地球脱出』小松左京のSF小説。1970年に刊行され、翌年に第1回日本SF大賞を受賞しました。
* 『恐竜探険隊ボーンフリー』光瀬龍の冒険小説。1976年に刊行され、翌年に第2回日本SF大賞を受賞しました。
* 『吸血鬼ハンターD』菊地秀行のホラー小説。1983年に刊行され、翌年に第7回日本SF大賞を受賞しました。
* 『ケルベロス・サーガ』田中芳樹のSF小説。1985年に刊行され、翌年に第9回日本SF大賞を受賞しました。
* 『ルナ・パーク』佐藤大輔のSF小説。1993年に刊行され、翌年に第17回日本SF大賞を受賞しました。

これらの作品は、いずれもソノラマノベルスの代表作であり、今でも多くの読者に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました