ビートルズの「ユア・マザー・シュッド・ノウ」とは?

スポンサーリンク

ビートルズの「ユア・マザー・シュッド・ノウ」とは?

ユア・マザー・シュッド・ノウとは。

「ユア・マザー・シュッド・ノウ」は、1967年にイギリスのロックバンド、ビートルズが発表した楽曲です。この曲は、同年放送のテレビ映画「マジカル・ミステリー・ツアー」の挿入歌として使用され、後に発売された同名のサウンドトラックにも収録されました。この楽曲は、ポール・マッカートニーが作詞作曲し、リードボーカルを取っています。ピアノはポール、オルガンはジョン・レノンが演奏しています。

ビートルズの音楽的進化の証拠

ビートルズの音楽的進化の証拠

ビートルズは、その音楽的進化の証拠として、「ユア・マザー・シュッド・ノウ」のような曲が示されています。この曲は、1966年にリリースされたアルバム「リボルバー」に収録されており、ジョン・レノンが書いたものです。この曲は、ドラムのグルーヴとベースラインで構成される反復的なイントロで始まります。そして、やがて、ポール・マッカートニーのリードボーカルが加わります。

この曲は、ビートルズの音楽がより複雑で実験的になっていたことを示唆しています。この曲は、初期のビートルズのシングルに見られるシンプルなポップソングの構造とは異なり、より多くのコード進行と複雑なアレンジを備えています。また、この曲は、ビートルズの音楽におけるインド音楽の影響も示しています。

この曲は、ビートルズの創造性と音楽的能力を示す良い例であり、彼らの音楽的進化の証拠となっています。ビートルズのファンであれば、この曲は必聴の曲です。

実験的な楽曲である理由

実験的な楽曲である理由

ビートルズの実験的な楽曲「ユア・マザー・シュッド・ノウ」

「ユア・マザー・シュッド・ノウ」は、ビートルズが1967年に発表したシングル曲で、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』にも収録されています。この曲は、ジョン・レノンがリードボーカルをとり、ポール・マッカートニーがベース、ジョージ・ハリスンがリードギター、リンゴ・スターがドラムスを担当しています。

この曲は、ビートルズの楽曲の中でも最も実験的な曲の一つとされており、その理由は以下の通りです。

* -テープループの使用- この曲は、テープループを多用しており、それが独特のサイケデリックな雰囲気を作り出しています。テープループとは、テープレコーダーを使って録音した音源をループ状に再生する技法で、ビートルズはこの技法を他の曲でも使用していますが、「ユア・マザー・シュッド・ノウ」では特に効果的に使用されています。
* -音響効果の使用- この曲では、様々な音響効果が使用されており、それが曲のサイケデリックな雰囲気をさらに高めています。例えば、曲の冒頭では、鳥のさえずりが聞こえ、その後、列車の汽笛や飛行機の音が聞こえてきます。また、曲の後半では、テープループと音響効果が組み合わされ、混沌としたサウンドスケープを作り出しています。
* -歌詞の内容- この曲の歌詞は、非常に抽象的で意味不明なものとなっており、それが曲のサイケデリックな雰囲気に拍車をかけています。例えば、曲の冒頭の歌詞では、「あなたの母親はあなたが何を言っているのか知らないだろう」と歌われており、その後の歌詞でも、「あなたの母親はあなたが何をしているのか知らないだろう」、「あなたの母親はあなたがどこにいるのか知らないだろう」と繰り返されます。この歌詞の内容は、ビートルズが当時のカウンターカルチャーに傾倒していたことを反映していると言われています。

「ユア・マザー・シュッド・ノウ」は、ビートルズの楽曲の中でも最も実験的な曲の一つであり、そのサイケデリックな雰囲気と抽象的な歌詞は、ビートルズが当時のカウンターカルチャーに傾倒していたことを反映しています。この曲は、ビートルズの音楽的実験精神の表れであり、彼らの音楽の幅広さを証明する一曲となっています。

ポール・マッカートニーによるナンバー

ポール・マッカートニーによるナンバー

ポール・マッカートニーによるナンバー

「ユア・マザー・シュッド・ノウ」は、ポール・マッカートニーが書いた曲で、ビートルズが1967年に発表したアルバム「マージカル・ミステリー・ツアー」に収録されています。ポールいわく、この曲は自分の子供たちが当時流行していた子守唄を歌っていたことから着想を得たということです。

歌詞は、母親の愛情について歌ったもので、マッカートニーの息子、ジェームスに捧げられています。曲の最後には、ファルセットで「マザー」と歌うコーラスが特徴的です。

この曲は、ビートルズのファンの間で物議を醸しています。一部のファンは、この曲を軽薄で幼稚だと批判しています。しかし、他のファンは、この曲が母親の愛情の美しさを表現した美しい作品だと評価しています。

マッカートニーは、「ユア・マザー・シュッド・ノウ」をライブで演奏したことはほとんどありません。しかし、この曲は他のアーティストによってカバーされており、その中にはザ・ビーチ・ボーイズやスティーヴィー・ワンダーも含まれています。

タイトルとURLをコピーしました