井上ひさしの「昭和庶民伝3部作」とは

スポンサーリンク

井上ひさしの「昭和庶民伝3部作」とは

昭和庶民伝3部作とは。

昭和庶民伝3部作とは、井上ひさしが作・こまつ座が制作し、1985年から1987年にかけて3つの舞台作品が断続的に上演された際の総称です。その3作品とは、「きらめく星座」「闇に咲く花」「雪やこんこん」です。これらの作品では、太平洋戦争前後の日本の庶民の生活や営みが描かれています。

「昭和庶民伝3部作」とは

「昭和庶民伝3部作」とは

「昭和庶民伝3部作」とは、作家井上ひさしの代表作である3部作の総称です。1940年代から1950年代の日本を舞台に、庶民の日常生活や家族のあり方をユーモラスかつ温かく描いた作品群です。

3部作の第1作目は1980年に発表された『吉里吉里人』。第二次世界大戦後の混乱期を背景に、地方都市に住む平凡な一家を描いた物語です。第2作目の『頭痛肩こり樋口一葉』は1985年に発表され、明治時代を舞台に、文豪樋口一葉の日常をユーモラスに描いた作品です。第3作目の『本牧炎天下』は1991年に発表され、1950年代の横浜を舞台に、様々な人生を送る人々の姿を描いた作品です。

「昭和庶民伝3部作」は、いずれも庶民の日常を丁寧に描き、その中にある喜びや悲しみ、希望を描いた作品です。井上ひさしのユーモアと温かいまなざしが感じられる作品群で、多くの人々に愛されています。

作品の特徴

作品の特徴

井上ひさしの「昭和庶民伝3部作」は、作家が自らの戦争体験や敗戦後の昭和という激動の時代を背景に、庶民の生きざまを描いた一連の作品です。

「3部作」の共通の特徴として、庶民の生活や文化を題材にしていることが挙げられます。井上は、戦後日本の高度経済成長期からバブル期までの庶民の暮らしを詳細に描き、その生活の中の喜びや悲しみ、苦悩や希望を描き出しています。登場人物たちもまた、庶民的であり、彼らが織りなす人間模様は、読者に親近感を与え、共感させます。

また、井上は庶民の生活と社会の構造を巧みにリンクさせて描いています。例えば、「吉里吉里人」では、主人公の吉里吉里人たちがアルミ鍋を売り歩く姿を通して、高度経済成長期の経済格差や社会の歪みが描かれています。また、「頭痛肩こり樋口一葉」では、主人公の樋口一葉が頭痛肩こりに苦しむ姿を通して、バブル期のストレス社会や生きづらさが描かれています。

井上ひさしの「昭和庶民伝3部作」は、庶民の生活や文化を題材に、社会の構造や人間模様を描いた作品群です。庶民的で親しみやすい登場人物たちや、詳細に描かれた生活の風景は読者に親近感を与え、共感させます。また、井上は庶民の生活と社会の構造を巧みにリンクさせて描き、作品に深みを与えています。

舞台裏

舞台裏

井上ひさしの「昭和庶民伝3部作」の舞台裏は、まさにドラマチックな展開の連続でした。まず、1983年に『頭痛肩こり樋口一葉』が上演されるやいなや、その斬新な演出とユーモアあふれる台詞が話題となり、大ヒットを記録しました。井上ひさしの作品は、それまでにも多くのヒット作を生み出していましたが、この『頭痛肩こり樋口一葉』は、その中でも特に大きな話題を集めました。

さらに、1985年に上演された『父と暮せば』は、井上ひさしの実体験を基に描かれた作品であり、そのリアルな描写と感動的なストーリーが多くの観客の心を打ったのです。そして、1987年に上演された『化粧』は、明治から昭和にかけての日本の女性の姿を描いた作品で、その美しい舞台美術と豪華な衣装が話題となりました。

この「昭和庶民伝3部作」は、いずれも井上ひさしの代表作として知られており、現在でも多くの人に愛され続けています。そして、この3部作の舞台裏には、井上ひさしの飽くなき探求心と、演劇に対する熱い情熱が込められているのです。

タイトルとURLをコピーしました