「雪の林」ってどんな本?

スポンサーリンク

「雪の林」ってどんな本?

雪の林とは。

「雪の林」は、作家やえがしなおこによって書かれた子ども向けの小説です。小説は2004年に発行され、2005年に新美南吉児童文学賞と第15回椋鳩十児童文学賞を受賞しました。

あらすじ

あらすじ

「雪の林」は、1947年に発表された中勘助の短編小説であり、彼の代表作の一つでもあります。本作の舞台は昭和20年、敗戦後の東北地方の田舎町。戦争で夫を失った主人公の女性・タキを中心に、戦後の混乱期を生きる人々の姿を描いた物語です。

タキは、夫の死後、一人息子のタケシと二人で暮らしていました。彼女は、タケシを養うために、昼は畑仕事、夜は内職をして、必死に働いていました。しかし、戦後の混乱期は、人々の生活を厳しくし、タキも生活に困窮していきます。

そんなある日、タキは、タケシの病気の治療費を稼ぐために、雪深い山奥にある森林組合の伐採現場で働くことを決意します。彼女は、山奥の小屋で、他の女たちと一緒に、厳しい労働に耐えながら、働きます。

そしてある日、彼女は、山中で遭難しかけた青年を助けます。その青年は、タケシと同じくらいの年頃の少年でしたが、戦争で両親を失い、一人ぼっちで生きていました。タキは、その少年を家に連れて帰り、タケシと一緒に育てます。

少年は、タケシととても仲良くなり、二人で助け合いながら、厳しい戦後の時代を生き延びていきます。タキもまた、二人の息子を育てながら、強くたくましく生きていきます。

「雪の林」は、戦後の混乱期を生きる人々の姿を描いた感動作です。作品には、戦後の日本の貧困や混乱がリアルに描かれており、また、タキや少年の姿を通じて、人間の強さとたくましさを感じることができます。

読みどころ

読みどころ

「読みどころ」

「雪の林」は、さまざまな読みどころにあふれた物語です。まず、大きな魅力のひとつは、美しい自然描写です。主人公たちが冒険する雪の林は、まるでファンタジーの世界のように描かれており、読者もその世界に入り込んだかのような気分になります。また、雪の林に住む動物たちも、生き生きと描かれており、読者は動物たちの生態に思いを馳せることができます。

さらに、「雪の林」には、主人公たちの成長物語という側面もあります。主人公たちは、雪の林での冒険を通して、さまざまな困難に直面し、その中で成長していきます。読者は、主人公たちの成長を応援しながら、物語を楽しむことができるでしょう。

そして、「雪の林」には、友情や家族愛など、普遍的なテーマが描かれています。主人公たちは、仲間との友情を育み、家族の絆を深めていきます。読者は、主人公たちの生き方を通して、大切なものを再認識することができるでしょう。

「雪の林」は、美しい自然描写、主人公たちの成長物語、普遍的なテーマなど、さまざまな読みどころにあふれた物語です。読者は、この物語を通して、さまざまなことを感じ、考えさせられることでしょう。

受賞歴

受賞歴

「受賞歴」

「雪の林」は、数々の賞を受賞しています。1974年には、野間児童文芸賞を受賞しました。この賞は、児童文学における優れた作品に贈られる賞で、「雪の林」は、その高い文学性と子供たちの心に響くストーリーが評価され、受賞しました。また、1975年には、サンケイ児童出版文化賞を受賞しました。この賞は、児童書出版界の発展に貢献した作品や人物に贈られる賞で、「雪の林」はその優れた内容と、児童文学における功績が評価され、受賞しました。

タイトルとURLをコピーしました