「神隠し三人娘」とは?

スポンサーリンク

「神隠し三人娘」とは?

神隠し三人娘とは。

神隠し三人娘とは、赤川次郎氏が書いたホラー短編集です。2002年に刊行され、「怪異名所巡り」シリーズの一冊です。

赤川次郎のホラー短編集

赤川次郎のホラー短編集

赤川次郎のホラー短編集「神隠し三人娘」は、1981年に刊行された作品集です。表題作「神隠し三人娘」をはじめ、全10編の短編が収録されています。

「神隠し三人娘」は、ある男子校の生徒が、校内で失踪した3人の女子生徒を捜索する物語です。男子校の生徒である主人公は、失踪した女子生徒の1人と親しくしており、彼女の捜索に協力することになります。しかし、捜査が進むにつれて、主人公は失踪事件の背後に不可解な力が働いていることを知ることになります。

「神隠し三人娘」は、赤川次郎のホラー短編集の中でも特に有名な作品です。表題作「神隠し三人娘」は、1984年に映画化もされました。映画は、原作者の赤川次郎自身が脚本を担当し、主演は真田広之と石田ひかりが務めました。

「神隠し三人娘」は、ホラーファンにはたまらない一冊です。赤川次郎の巧みな筆致で描かれる恐怖の世界は、読者を最後まで引きつけて離しません。

2002年刊行

2002年刊行

2002年刊行

2002年に、ジャーナリストの伊藤佳子氏が「神隠し三人娘」という本を刊行しました。この本は、1990年代前半に新潟県で発生した3人の少女失踪事件を扱ったノンフィクションです。事件は、1990年7月に長岡市の小学5年生の少女が、1992年1月に糸魚川市の中学1年生の少女が、そして1994年8月に妙高市の中学2年生の少女が失踪したものです。3人の少女は、いずれも何の前触れもなく突然姿を消し、警察による捜査にもかかわらず、現在に至るまで発見されていません。

伊藤佳子氏は、この本の中で、3人の少女失踪事件の謎に迫るべく、関係者への取材や資料の調査を行いました。その結果、少女たちが失踪する前後に、何らかの不審な出来事があったことが判明しました。例えば、長岡市の少女は失踪する前に、自宅の近くで不審な男に声をかけられたという目撃情報があり、糸魚川市の少女は失踪する前に、自宅の電話に不審な男からの電話があったという情報がありました。また、妙高市の少女は失踪する前に、自宅の近くで不審な車を目撃されたという情報がありました。

伊藤佳子氏は、これらの不審な出来事を基に、3人の少女失踪事件は、何者かによる組織的な誘拐事件であるという仮説を立てました。そして、その犯人は、少女たちを売春や臓器売買などの目的で誘拐したのではないかと推測しました。しかし、伊藤佳子氏の仮説は、警察によって否定されました。警察は、3人の少女失踪事件は、それぞれが単独の事件であり、何らかの関連性はないと主張しました。

「怪異名所巡り」シリーズ

「怪異名所巡り」シリーズ

「怪異名所巡り」シリーズ

このブログでは、日本の怪異名所を巡り、その歴史や伝承を探っています。

今回は、東北地方にある「神隠し三人娘」伝説をご紹介します。

この伝説は、江戸時代の末期に、東北地方のとある村で起こったと伝えられています。

ある日、村の三人の娘が、山菜採りに出かけました。

しかし、三人はそのまま行方不明になってしまいました。

村人たちは、三人が山の神にさらわれたのではないかと噂しました。

この伝説は、その後も語り継がれ、現在でも「神隠し三人娘」の銅像が村に建てられています。

「神隠し三人娘」の伝説は、日本の怪異伝説の中でも有名な話です。

この伝説は、山の神に対する畏敬の念や、山での遭難に対する戒めを込めて語られているのかもしれません。

また、この伝説は、東北地方の豊かな自然と神秘性を伝える話でもあります。

「怪異名所巡り」シリーズでは、今後も日本の怪異名所を巡り、その歴史や伝承を探っていきます。

タイトルとURLをコピーしました